阿弥陀如来ちゃん、完成

今日は尖閣諸島沖での追突事件がYouTubeに流出したことで持ち切りでした。

やはり幾ら説明されても

実際見るのとは大違いで迫力ありました。

以前に誰かがYouTubeで流れるのが良い。。なんて言っていて

そりゃいいね。。なんて思ったんですが、

そうそう簡単なことではないようでした。

が、私たち庶民には一番手っ取り早く見れる手段ですねえ^^;

巷の喧嘩同様

どっちが悪い。。というのもそれぞれ言い分があって

あんなにハッキリとした画像があってもあちらは悪くないと思うわけで

難しいものです。

Img_4601

これ、ご紹介してなかったような

気がします。

阿弥陀如来ちゃんですが、

ナンバーを付けないといけないくらい

阿弥陀如来ちゃんを作ってしまった^^;

クチョンと座った体が

堂々としてなく

落語家みたいになってしまって、

あわてて髪の毛を作って

阿弥陀さまになってもらったのでした。

その前は坊主頭の地蔵さんみたいな仏さまでした。

まあ、このシリーズは仏さまよりも台座に力を入れてまして、

それぞれの台座が面白い。

同じ台座には乗ってません。

この台座は一木で(仏さまは別ですが、)

幾つかに分けて彫っても良かったようなものですが、

一本で彫りました。

だからどーなの?って

どうってことは無いんです^^;

自分で彫り上がってからどうして一本から彫り出したのかな?って思ったわけです。

別にした方が楽だったんですよ^^

Img_4639

まあ~、おったまげたことに

散々採寸したにもかかわらず

今日、ある程度形になったので

改めて箱に入るか試してみようってんで

入れてみたら入らなかったですよお。

なんてことだね。こりゃ。

信じられないなあ。。。。

あれほど計ったのにハァ。

それで耳をまた切るか。。ってことになったんですが、

耳のやたら短い奄美のクロウサギみたいのもいますがさ、

それじゃあ、ウサギにしては耳が短い。と一言で却下されそうな感じなので

他の場所も小さくしていかねばなるまいかよ。ってことで悩みました。

せっかく出来上がってきてるのにさあ~。

それで箱の内計が16センチの14センチなのですけんど

このウサギも耳が長いんだから縦が長いと思っちゃうんですけど

案外横にして入るのかも。。と思って横にしてみたら

こちらの方がもう少しで入りそうだ。

こりゃ、お尻を削れば入るぞ。。ってなことでちょっと安心しましたが、

その前に多少逆毛が立っちゃいましたので(私が)

その後もあまり巧くはいきませんでした^^;

Img_4641

て、言うか、

干支のウサギを彫ろうとしてたんだった。

こりゃ干支じゃないわ。。

ってウサギだったら干支なんだけど

干支らしいウサギってのがありますね。

こりゃハイカラなウサギですわ。

それにやたら手を入れちゃって

もっと簡単に彫らないと、、、干支はあかんのやねん。

という悩みが出てきました。

なんたって、干支を彫る人は10分で一個ですからね!

時間かけてたらいけなのだわ。

しかし、ここまで彫っちゃったんだから

急に手抜きも出来ないので

このまま気に入るところまで行くしかない。

ということで干支を考えずに行きます^^

今週は祭日があったので、もうまた休みですね。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。