庭作り

やはり寒くなったりするので風邪を引いてる人も多いんでしょうね。

というのも

週に一度、プールに行く時だけ1駅電車に乗るんですが、

駅のホームにゲーした痕が多い^^;

皆さん体調崩してるのね、、と変なところで感じるのでありました^^

そんなこんなで私も風邪っぽいのか、何事もやる気にならず

天気の良い土日だったのにダラダラしておりました。

Img_2961 今の時期はなんといっても

草花が魅力で

こんな狭い植え込みですが、

思いっきり力を入れてます^^

夏になると暑くてもう庭に出るのも嫌になるんですが、

そして雨の日も見たくないですが、

今頃の晴れてる日は

土いじりに限ります^^

今年は矢車草を買いました。

懐かしい花です。

いつも欲しいと思っててもあまり巧く咲かせることは出来なかった記憶があるので

ほとんど植えたことがなかったのですが、今年は手頃な蕾付きの苗を何回か見たので

それだったら巧く咲くでしょ、、ってことで植えてます。

広大な庭園だと草抜きが大変ですが、

これくらいの広さだと草も生えません^^;

花が終わるとせっせと抜いちゃって次のを植えるんです。

緑の葉の状態で植えておく広さがないのでその場限りのものが多いんですが、

それでも長いこと欲しいと思ってチャンスを待ってた花などは大事にしております^^

何を大事にしてるかと言うと

カワラナデシコ、鯛釣り草、アスチルベ、オイランソウ、クレマチス、キキョウ、ユウスゲ、アザミ

というところです。結構多い^^;

とにかくじ~っくりと花屋さんを廻って何か良いものはないか、と目を皿のようにして見て歩きます^^

植木というものは他にも同じ趣味の人が家にいるととんでもないことになります。

以前は父が庭好きでしたが、私とはまったく意見が合わず

お互い居ない隙に自分の嫌いな木を剪定してしまうというやり方で潰しあったのでありましたが、

とうとう父の趣味の悪さに私は手を引いたのでした。

けど父が亡くなってからは庭がすっきりと綺麗になり

やっぱり父は趣味悪かったんだ。。と再発見したんですけど、私だけがそう思ってるのかもしれませんね^^(多分そんなことはないと思うけど^^;イコジ)

今は私の趣味で花を買ってきて植えてるので

花が咲けば、家の人たちが綺麗だね~くらい言ってくれるという良いバランスですが

タマに手伝いをしてくれるとムカッとすることがあります。

冬にクレマチスの枯れたような枝(実は枯れてない)を綺麗に切られた時と

最近ではバラに沢山の蕾が付いた時点で

あまり枝が広がって他の花に光が当たらなくなったのでバラを強制的に枠を作って

細身にしようとした時です。

蕾が付いてる時にいじろうとしたがるのは素人です^^;

蕾の時は一切触らないようにしないといけませぬ。

蕾が見えて慌てて肥料をやろう。。などという気持ちは欲深い上にいけないことなんですが、

シロートはしたがるのです^^

肥料は花が終わった後にお礼肥えとしてやりましょう~^^

そんなことはさておき、

近所でも花を綺麗に咲かせてるお宅がありますが、

家の中と違って誰でも見れるので

体の具合が良くないと途端に庭の手入れもされなくなって草が生えてきたりするのを

見るのは心痛むことです。

長い年月いつも綺麗にしておくということは難しいんですけど

ずっとお元気そうで良かった^^などと思いながら通り過ぎるというホッと安心にもなるんですよね。

勿論、いつも汚くしてる人も同じなんですが、

汚くしてる人が突然綺麗にするということはほぼないので

そういう意味ではバロメーターにはなりませんね^^;アヒ。

昨日かに読んだどこかの文章で

母の日のカーネーションは嫌いだというのがありました。

なぜ嫌いかというと母がいなかったから。。ということでした。

当然ですね。

うちの母もカーネーションが嫌いな話をこの前書いたのですが、

やはり母親がいなかったので悲しい思いをしたという意味で見るのも嫌なくらい嫌いなんでした。

私が幼稚園の頃は

赤いカーネーションは造花でしたが、

お母さんのいない人は白いカーネーションを胸に付けるんだと教えてました。

これはかなりのやり方ですよねえ。

どんなにか小さい子の心に傷をおわせたかってよく思い出します。

今じゃすっかり義理みたいになってる母の日ですけど

ひっそりとこの日は嫌いだと思ってる人も多いんだと思います。

(と去年も同じことを書いたと思いますが^^;)

Img_2962

今日は細かい線描きだけやるぞっ。ということで

金と墨だけを使いました。

良い案が閃いたお陰で

仕事は簡単にはかどり、、、

そう、閃きがあるかないかでどれくらい時間が違うか。。とシミジミ思ったでありますが。

Img_2963

全然分からないと思いますが、

金を増やしたものです←^^;

なにしろケバイのは嫌なので^^

金は高値という理由もないではないですが^^;

(これくらい少なければ大した差はないんですがね^^)

Img_2964

って、、少し変わりました????^^;

品良く光背が出来あがると

お顔も品良く見えるもんですねえ~。

Img_2965

お足もとも

負けずに金を足しました。

ちょっとクリムトみたいな

雰囲気です。

というわけで案外簡単に終わっちゃったんです。

あは~~、この解放感。

長くというか、途中作り直したので時間かかってしまったんですが、

仏さまを多少猫背にしたのが敗因で、

変なところを真似するこたァねーな。と反省したのでありました。

(白鳳期の金銅仏を真似しましたっ。)

仏像展でもこのサイズ(30センチくらい)になると値段がはるので

売れ筋ではないですから、

今度売れなかったらもうこういうサイズは作るのよそうかな~なんて考えてるんですが、

いつもいつも売れ筋の可愛い系を作ってると自分が惨めになってくるんですよね。

徹すりゃ良いんだけどさ。。。。

しかし、売れなくてうちにず~っとおいでになる。ってのもいかず出戻りみたいで

これもクサるんですよねえ。。

ま、その時気分が向いたものを作るしかないですけど、

今回、この感じで仕上がったので手元に残ってても嬉しいな。。という気分にはさせてくれました。

招き猫も喜んでいただけたし、、仏像展の仕事も終わったしで

めでたし~~^^

 

 


にほんブログ村

いつもありがとうございますっ。