生徒さん作品ご紹介、仏像

テレビ局は毎度のことながら忙しい。。。

あっという間の出来事で、ピュンと来てピュンと持って行った^^;

昨日の夜遅くになってからドラマが浅見光彦だということが分かりました^^。

あれ、夜ドラじゃんんけ^^。

てっきり昼ドラかと思ってたけど。。

それも16日放送分だという~。

ものすげーー忙しーじゃない?

ということで

軽井沢のパンやさんが以前動物なんかを彫ってたよ。という設定で棚に飾ってあるのを

光彦さんが手にとって見る。。ということらしいす。

ちょこっとした場面でしょね。

私は裏番組の相棒を見ちゃいますけど^^;一応録画しちゃおうかな~。

動物ばかりを10個ほど持って行きましたっ^^

ホホ^^。

機会がありましたら、見ておくんなまし。

生徒さん作品目白押しですが。。

Sさん作、仏像。

Img_1237

妙に背が低く見えるんですけど、そうでもないです。

薄墨を塗った上に漆を塗ろうと思ってたんですが、、

墨を塗った上からサンドペーパーをかけたら充分綺麗じゃ~んということで

蜜蝋で艶を出しました。

ちょっと黒壇みたいな雰囲気になったんですよ^^。

適当に油っぽい筋のところは墨が入らないので白く浮いたりしてね。

急に骨董みたいな雰囲気が出たので

らしいらしい、、とお喜びでした^^。めでたし。。

元々の見本が古い時代の小さな金銅製のものなので

その素朴感が出れば大満足です。

仏像というのはテクニックを駆使した新しい仏像もありますが、

お寺巡りなどをよくされてる方は古びた感じがやはりお好きで

ピッチリと出来てるよりはちょっと欠けた、剥げた、、、みたいな感じがお好みになりますから

こういう味わいが出るのを喜ばれます。

それぞれお好みでお気に召すまま、、、ということでやってますが、

こういう風なずっと昔から家にあったよ。。みたいな感じって中々良いものです。

今日も生徒さんが多かったので自分の仕事どころか自分の座るところもなかったくらいでした^^;

木曜日は個性的な方がお集まりで

言いたい放題、やりたい放題^^;ですので

まあ賑やかなこと。。。であります。

お稽古に来てながら何もやらない。。で

家に帰って作られる方がいらっしゃるんですが、それが見事に上達されてるんですから、

分かりませんね~、世の中は。ハハ。

じゃあ、お稽古に来なくても同じじゃん。。って思うんですが、

それはそうでもないのかも。。

ここら辺が不思議です。ウーーム。

上手くなる人は勝手に上手くなるのかなあ。。。

なんでしょかね。。

Img_1260

体です。

Img_1261

この仏さまは

貧弱な体をしています。

肩の辺も細くして頭を大きくして

扁平にしています。

前にも言ったんですが、ドーモ君です。

ハスの花が中心ですから。。

どっちかが負けないと引き立たないという考えです。

Img_1269 横からみた体と頭部の角度が大切なんですが、

今回はハスの蕾を持つので

ちょっと下を向いた形にしています。

これはドリルで首と胴体に穴をあける時が難しい~。

中々思うような角度にいかないですが、

失敗したらもう一度穴を埋めて開け直したりします^^;何度でも可^^。

Img_1270 顔はこんな顔でも結構手を入れます。

坊主頭の時は頭の形も大切ですし、、

扁平は扁平なりに形よく^^です。

意外に大切なのは目じりの辺りの肉を取ることです。

ここが肉が付きやすい。

まあ、顔については色々あるんですが、

細かく言ってもキリないかなあ~^^;

もっと素朴で上手い人がいっぱいいますから、偉そうには言えないですが、

私は顔にやたら時間かけます。

技巧的にならないように気ィつけてますが、技巧的かも^^;