三が日

三が日も今日で終わりだ。

あっという間にUターンラッシュ。

大変だな~~。

テレビでインタビューされてた人が

この実家帰りがあって一年が始まる。。。と言ってたので

妙になるほどねえ~~と思ってしまった。

 

●●

大晦日にご近所のご主人(といっても90歳)が亡くなり、

お葬式は5日だというので

その動きの取れないなが~い日々はどうしたもんでしょ。。と

思いながら、

昨日夜 弔問に行ってきた。

お通夜や告別式以外に来る客は迷惑だよな~~と知りつつ

行ってきてしまった。^^;

さすが90歳となると、お顔を拝見しても

そりゃもうお上人さまのようなもので、

なにやら有難いような雰囲気があったので

私は結構嬉しい気分になった。

ご家族も美しいありがたいお顔になってることは自慢でもあるのじゃないか、、と

思ってしまうのだった。

介護とか色々な苦労がずっとあったと思うけど

それらを吹っ飛ばしてくれるような、

よくしてもらったんだーーー、、と言ってるようなお顔だったのだ。

お正月から、葬式かい。。。って気持ちもあったのだけど

そうでないことがわかった。

年始めに良い気分になったのだった。

良く死ぬ。ってことは人間にとって大事なことだ。

生きてる以上、死は逃れられないもので、

避けて通るわけにはいかない。

見たくない、、という若い頃の気分もわかる。

けど、やはり見ないではいられないのだ。

そこで、誰もが満足できる良い死を迎えるってことの意味が大きくなってくると

思う。

家族が一団となり力を合わせて介護して

悔いが残らないようにするならば、

本人も当然、満足して逝ってもらえるような気がする。

悔いが残らない、日々ってのが大事だと思う。

あれやっておけば良かったなーーー、とか思うことはないだろうか。

明日死んでも大丈夫?

な~~んて考えたりしないだろうか。

私は結構考える。

今日やるべきことは今日、きっちりとやっておきたい。

が、、、、

明日できることは明日にまわす。。って言葉もあるようで^^;

セカセカと働いてる人にはこういうのも逆に良いようにも思う。

自分の性格に合わせて

格言も使い分けて生きていかないと

精神的な病気になってはいけない。

明日は明日の風が吹く。。。というように

楽天的な考えも良し。

これでないとやっていけない土地柄もあるだろう。(スカーレットオハラ、、、)

ともあれ

今日を一生懸命生きることだ。

ああ、今日もセコセコと生きてるよお。(ヤケクソ。。。。^^)

Img_0286

木屑が一面に落ちるので

膝の上に布をかけて

仕事してるのだけど

この中には

こんなものも潜んでいます。

Img_0284

パッカ~ン、湯たんぽ状態で結構暖かいし、妙に大人しく寝てるので仕事が邪魔されずに

進行しておりまする。。。。