段飾り雛人形、体彫り

 

雛人形が無傷で無事に着いたとメールを頂いたのでひとまずホッとしました。

雛人形は細かい部品があるので壊れやす~い^^

梱包も難しい~~。

以前にも何回か男雛の冠の長い部分が何回か折れて修理になる人がいて

どうしてかと思ってじっと見てみたら

昔の人形のやり方で顔と頭をグルグル巻きにしておおきくなったところで箱を閉めるので

閉めた途端にボキッと折れる。。

という壊れないように丁寧に梱包したら裏目に出てしまったということがあったのでしたっ。

私はあまり紙でグルグル巻きにしない方が良いと思います~。

Img_1284

なんだかんだで

もう体の方はほとんど出来てしまうような

状態です。

Img_1285
Img_1286

前から見ると

モッコリしてるので

横から見ると少しスピード感?

があるように裾をピッと反り返しました^^

Img_1287

と言ってる間にお稽古です。

Sさんのクリスマスのラクダ。

フタコブラクダなのに

更に下に一つの膨らみが^^;

なんだろけ^^

コブのお陰でラクダと誰でも分かります。

今日の最初では顔はアルパカでしたが、耳とか耳の位置などを直して顔もラクダとなりました^^

結構可愛い^^

Img_1288

で、動物も揃ったので

いよいよ3博士になるそうです。

一番動きのなさそうな

この方から^^。

頭一つ分大きくなるそうです。

どんな風になるのか楽しみです。

こういうフィギアみたいなのがあると彫り易いすね。

Img_1289

Kさんの招き猫です。

こちらの招き猫は箒と熊手を

持ってるんですが、

持った形で彫ると

箒の柄などが障害になって

彫りにくいので後付けすることにしてとりあえず招き猫を彫ってもらうことにしました。

今日は色々考え過ぎてやや暗い様子だったので

そんなに考え込まないで自分なりのペースでやってください~と言いました。

人と合わせることは無いです。

ご自分なりの良さを出して頂ければ良いです。

 

Img_1290

こちらは思いっきりご自分のペースの

Iさんの花の額板です。

とっても深く彫ってます。

小さめの丸刀で

黙々と彫ってますが、

どうなっていくのでしょうか?

狭いところの深いのはどうやって彫るのでしょうか。。

しかし、うまいこと彫ってあるので

どんな風に出来ていくのか

楽しみであります。

ということで今週のお稽古も終わった~~。

Img_1291

その後も少し仕事をして、、

少し丸過ぎるかなと思いながら

Img_1292

裏表を撮ってみました。

裏は問題ないけど

表はやはり丸っこすぎるなあ。。

Dscn0312

今日のお昼ご飯。

ネコなんかは朝晩の2回食で

良いんですが、

どうしてもイヤだ。というのがいるので

昼と寝る前に皆で1缶づつ開けるのであります。

ワンチにも一口あげます。

黄色も最近欲しいというので勝手に食べてます。

ネコがあっちを見てるのはワンチが一口食べ終わって二階へ足音高く階段上ったので

驚いて見たところです。黄色はそんなことでは驚かずに食っとります。

そう言えば前に庭で飼ってる犬が餌をのんびり食べるのでカラスに盗られちゃってしょうがない。。と

聞いたことがありましたっけ。

昔、庭で野鳥(と言ってもスズメなど)に餌をやってた頃に

ドックフードでも良い。と書いてあって、へえ~と思ったものですが、

なるほどドックでもキャットでも大丈夫らしいです。

ついでに冬場は牛脂をやる。などとも書いてありましたが、

牛脂だけじゃなく牛肉も可のようです。。(って何でも大丈夫ってことかいね^^)

その代わり野菜はイヤなんだって^^;あらよ~~、困ったもんだよ~~。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。