木彫り初心者におすすめ!彫刻をはじめるときの注意点など解説

木彫りが初心者の方は、なにからはじめてよいかわからないという方も多いでしょう。木彫りはまず道具が必要ですが、彫刻刀だけでなく、砥石などお手入れ道具もそろえないといけません。もしどうしても不安であれば、教室を利用して基本を覚えるのがおすすめです。道具の使い方の注意点なども確認しておきましょう。

 

木彫り初心者が気をつけたいこと

木彫りをはじめるなら、最低限必要な道具があります。木彫り初心者の方は、どんな道具を選べばいいの?などお悩みの方も多いでしょう。初心者が最初に用意するものには、「彫刻刀」「木材」などがあります。とくに木材は初心者向きのものでないと、うまく彫れないこともあるため注意が必要です。

 

ほかにも「ノミ」や「金槌」があると、力がない方でも無理なく彫れます。また彫刻刀は使っていくうちに切れ味が鈍くなるので、砥石も用意しておくのがおすすめです。初心者の方も熟練者の方も使う道具は変わりません。使う道具の種類によってできあがりも異なるので、まずは道具をそろえておきましょう。

 

彫刻刀選びの注意点

彫刻刀は切れ味も大切ですが、どんなタイプの木彫り作品を作るかで選び方も違います。動物を彫るなら切れ込みを深くする必要がありますし、人形などは滑らかな肌合いを作らないといけません。

 

仏像用の彫刻セットなども販売されています。まずはどんな作品を作り上げるのかで、彫刻刀を選びましょう。もしプロの彫刻家なら1本が数千円から数万円の彫刻刀が必要です。しかし初心者なら1本700円から1,000円くらいの彫刻刀からはじめましょう。そのうえで、本格的に仕事をしたいと思ったなら、高いものに変えてみるのもおすすめです。

 

木材選びの注意点

木彫り初心者はまだ彫るのに慣れていないため、彫りやすい木材を選ばないといけません。木材は種類によって固いものもあれば、やわらかいものもあります。「わきたけいこの木彫の世界」では加工後の美しさを重視し「クスノキ」や「木曽ヒノキ」を中心に使用しております。

 

下絵は真似からはじめてもOK

彫る木材を選んだら、彫る前の下絵を描く作業に移ります。下絵はすでにある絵をコピーしてもよいでしょう。初心者で絵に自信がない方は、まず模倣してみるのもおすすめです。今はネットから下絵もダウンロードできるので、木材の大きさに合わせて拡大や縮小をした下絵で、すぐに練習できます。このとき下絵を留める画鋲や、写すためのカーボン紙も忘れずに用意しましょう。

 

彫りはじめてからの注意点

実際に彫りはじめると、木材の種類によって独特のクセがあることがわかります。またどの木材にも順目と逆目があります。順目は削りやすくきれいに彫れますし、逆目は粗く削れる部分です。

 

木彫り初心者は、まず順目から彫っていくのがおすすめです。しかし、木材を見てすぐに順目かどうか確認できるのはプロだけでしょう。もし順目かどうか確認したいなら、木くずが丸く削れたらその面は順目となります。

 

砥石でのお手入れ方法は?

彫刻刀やノミは使っていくうちに切れ味が鈍くなります。切れ味が鈍る前に定期的にお手入れをして、いつも最適の状態で彫りましょう。

 

刀を砥ぐときの注意点

砥石や彫刻刀は水をつけたままだと錆びます。もし砥ぐときに水を使った場合は、しまう前に水気を拭きましょう。砥石を安定させるには専用の台が必要ですが、ない場合は濡れ布巾の上でも大丈夫です。水を使わないで砥いでしまうと高熱が発生するので、必ず水を使うようにしましょう。

 

お手入れの手順

実際のお手入れ手順は、まず砥石を水で濡らすことからはじめます。次に平行に刀を移動させてゆっくり砥ぐのがポイントです。刀の表を研ぎ終えたら、裏の刃を指の腹でなでてみます。このとき、刃の先がめくれているようなら、仕上げ砥石を使い「かえり刃」を整えます。砥いでいるときに出た研ぎ汁は捨てずに砥ぐのもポイントです。

 

彫刻刀には4種類ある?

彫刻刀はいろいろ種類がありますが、初心者はスターターキットを買うのをおすすめします。使う頻度の高い彫刻刀がセットになっているので、便利だからです。基本となる彫刻刀を用意し、それぞれの彫り具合の違いを確認しておきましょう。

 

種類1三角刀

断面がVの字になっているのは、「三角刀」と呼ばれます。角度にも種類がありますが、一般的な三角刀は60度です。輪郭や溝を彫るのにも便利で、曲線を彫るのにも向いているため、そろえておきたい彫刻刀のひとつでしょう。

 

種類2平刀

刃先が平たいのが平刀の特徴です。広い面を薄く削るときや丸刀を使ってできた凸凹を整えるときに使います。傾斜を緩やかにしたい場合にも便利で、彫り味も簡単に変えられます。とくに「スクイ」と呼ばれる平刀は、斜面の奥の凸凹を整えるのに便利です。

 

種類3丸刀

断面がUの字になっているのが「丸刀」です。凹面を削るのに最適で、これがないと木彫りはできません。丸刀には「極浅丸」「中浅丸」「並丸」「深丸」などの種類がありますが、削る面の広さに応じて使い分けるのがポイントです。

 

種類4切り出し刀

切り出し刀は、斜めに刃が付いています。切れ込みを入れるときや広い面を削るときにも非常に便利です。木くずがたまって見えづらいときも彫りすぎるのを防いでくれるので、初心者はもちろんプロもよく使います。木彫りのバリエーションを増やしたいなら、ぜひそろえておきましょう。

 

まとめ

木彫り初心者が注意する点など、簡単にまとめてみました。木彫りは基本が大切ですが、独学だと難しい面もあります。そんなときには教室を利用して、基本をしっかりと学んでみましょう。

 

もし木彫り初心者にぴったりの教室をお探しなら、ぜひ一度「わきたけいこの木彫の世界」にご相談ください。ほかの方との触れ合いを楽しみながら、将来的に木彫りの道を進みたい方のお手伝いをいたします。