夏みたいな日差し

真夏を思わせるような土日でした。

Img_6724

自慢じゃないですが、

私はあまり布団のカバーなどを

洗濯しません^^;

外すのも入れるのも

面倒くさいっすもんね。

ま、使ってる半年の間に

2回も洗ったらよい方かな^^;

で、そのめったに洗わないカバーを洗った雨の日の次の日に

ちょっとシトッてるかな?と思いながら布団を入れました^^

とすぐにネコ2匹がど~んと飛び乗って^^

子供の頃に布団に乗って怒られたのを思い出しますが、動物も同じですねえ^^

どういう気持ちで乗るのかな??アハハ^^気持ち良さそ。

Img_6725

巨大葉(一枚が60センチくらいある^^;)になった

アーティーチョークの中を

覗いたら

ありましたっ^^

蕾です。

これがグイグイと大きくなって

巨大な花が咲くんだぞ。っと~。楽しみだな~~。

Img_6730

第二の土曜日は

新聞紙や段ボールの収集の日なのであれこれ片付けてると

つい昼になってしまって

さあ、どこかに出かけようとしても

あまり遠くには行けませぬ。

それでもせっせとオニギリを作って気分だけは遠足^^

最初の頃はオニギリも色々な具を入れたりオカズを詰めたりしましたが

運動した後は梅干しのオニギリが一番美味しいし、疲れが取れることに気がついたので

今は黙々と梅干しのみのオニギリを持っていきます。

オニギリ持たないで何か買ったり、どこかで食べたりすると急に体力無くなって

帰りがヘバるんです、わたい^^;

それで川とか海とかが一番気持ちが良いっ。

即席の癒しなので海でも見ながらオニギリ食べて最高~っ^^

Img_6731

向うは横浜ですが、

工場の夜景などが

遊覧クルーズで

人気があるそうです。

高い煙突から

火がボッと出たりするのが

良いらしい^^。

昔は(昭和30年代?)はもっともっと煙突からの黒煙とか火とかは沢山あったけど

最近はクリーンなもんですよ~~。

Img_6732

自転車で走ってて

今はニセアカシヤが満開なんだなと

思いました。

地方によって名前が違うけど

ほっけーどーだと

エンジュかな。

高い木なので上の方から

ほのかな良い香りが降ってきてました。

良い香りというと楠も花が咲いてます。

これも爽やか系の良い香りで夏にはピッタリです。

楠は木は匂いがきついですが、それとは全然違う良い香りの花です。

他にもクローバーも満開でこちらも良い香りでした。

これに香りがあるという自覚は無かったのですけど

姪が小さい頃に首飾りを作ってくれて首にかけたら

懐かしい香りがして、

ああシロツメクサはこういう香りだったんだ~~って改めてインプットしたんでした。

昨日はすごく広い範囲で咲いてたので辺り一面シロツメクサの香りが広がってましたっ。

香りの記憶ってのは同じ匂いを嗅ぐと思い出すけど

普段、あの香りはどんなだったか??なんてのは思い出しにくいです。

懐かしいけど何だったかなー?なんて思うことはしばしばあります。

嗅覚の記憶も視覚と同じように頭に入ってるわけだけど

あまり重視されてはいませんねえ。。

私はなんだろなんだろ。。と良く思い出そうとして苦心してることがあります^^;

ご主人のご実家が福島県の女川で家が流されてしまった生徒さんご一家が

GWにそちらに行かれたそうですが、

テレビで見るのと違って

そこには更に埃と匂いがあって

その匂いは油系の匂いに腐った魚のような匂いが混ざった強烈なものだった。

ということでした。

これから気温が上がって行くので益々匂いはきつくなるでしょうから

どうしたら良いということは中々難しいと思いますが

大変なことだと思います。

 

Img_6735

X脚の男。

トラはPCが好きです。

多分温かいのと

マウスポインタが気になるらしいです。ハエみたいなのかな。

油断するとキーボードの上に寝たがっていけませぬ。

ルルちゃんくらいの体重ならやや許せますが、トラくらいになるとPCはあらぬ方向へ進んでしまいます^^;

Img_6736

今日は仕事しました。

大分出来てきて

そろそろ綺麗に仕上げ始めてるところです。

画像で見るよりは実際の方が頭が小さくて足が長いと思うんですけどさ^^

Img_6737

ま、同じような写真です。

今の所、片手で拝んで

何か拝借しよう。。みたいな形になってますが、

握った方の手には蓮華が入るので

拝借ではなくなるように思いますが。。。

画像で見る限り、

もう少し顔を細くした方が良いと思いますが、

本物は結構細長くて、これ以上細く出来ない?と思う位だと思うんですが、

やはりもう少し細くしてみるかなあ。。。。?


にほんブログ村

ありがとうございます。