鹿

Img_1695

クリスマス前に彫っていて、当時はトナカイだった鹿がやっと出来上がった^^。

何回塗りなおして、彫りなおしたことか。。。

巧くいかないものはうまくいかない。

というわけですっかり時期外れになったものの

テレビで鹿のドラマもやってることだし^^

ま、鹿ということで登場するのも良いかと思った次第っす。

鹿の角ってのは

なにやら複雑で

種類によっても違うようだけど、

毎年生えるんですってねえ。。。。

私は角を豪華にしようと思って4段のものを作ってみたのだけど

3段までしかならないそうな。。

あわてて先端を切って捨てた。(捨てたものはピアスになった^^;)

ヘラジカってのが北米にいるけども

この角は一年に一度ベロリと血だらけになって皮がむけるようだ。

角は生き物かい?

という感じで

角一個とっても複雑なんだわあ~。

自然のものがいかに苦心して進化してきたか。。ということでんな。

すごいすごい。。。。

お稽古の生徒さんのお宅の庭にはしょっちゅうカモシカが出没すると言う。

おーーーーー、、、一体どんな所に住んでるんだ~~~~?という夢とロマンを感じてしまう^^。

北海道のメル友のところでは

鹿が年中交通事故にあって死んでる。。って。

これもすげ~~~^^あはは~。

私は奈良に一度だけ行ったことがあるだけなんだけど

そこらを鹿が歩いてるって景色は想像に反して気持ちの良いものではなかった。

案外汚い。

キウイの大きいのが歩いてるようで色気がない。

バンビみたいなものを想像したら大間違いだ。

鹿は角ですよ。

角以外あまり面白いこともないですが、

今回は角を強化する為に栗の木で彫ってみたのですが、

堅いのなんのって、、、、、

堅い木は良いものですが、肩は痛くなる、、腰まで痛くなる。。

という症状が出るので

じーーっと横目で見ながらあまり手を出さないようにしてますが、

その魅力は大きいすぅ。