ホーム>工房日誌>2009年3月

2009年3月

また、雨・・・

昨日は気持ちよく晴れた^^と思ったら

今日はまた雨ですね。

特にプールへ行く日は雨の中行くことが多いです。

金曜日が雨ということか^^;

生徒さんの中でひな人形をもう長いこと、、、そうかれこれ1年半ほど取り組んでおられる方が

いらっしゃるんですが、、

特に塗りになってから1年以上経つそうで、、

ご本人はどうかわかりませんが、さすがの私の方も飽きてきてしまって^^;

とうとう今年の雛祭りも逃してしまい~、、、

そこに奥さんの鶴の一声。

いつまでやってるーー、今月中に出来上がらなければもう要らないっ。

と言われたそうで^^(奥さんへのプレゼントなんです。。)

するとどーーーでしょう。

今月中に終わるんですな。。

今まで私のところで日本画の絵の具でえんやとっとと塗ってましたが、

これだと家で塗ることができない。

月に二回4時間づつやってもたかが知れてる。。ってことで

この前ご紹介したターナーのアクリル絵の具・ジャパネスクカラーを

早々買いに行かれたんだそう。

そしたらそれが塗り易く、しかも色が良い色なので

せっせと仕事が進んであっという間に昨日は顔を描いて後は金彩を残すのみ。。

ということになったんです。

ありょ~~~~。

私が見たところだと

逆にアクリル絵の具の方がいいんですよぉ~。

がっかりですよねっ。

今までのは何だったのーー、って感じです^^;

それでも1年あまりニカワと格闘した甲斐あって

アクリル絵の具なんてもう簡単に塗れちゃうんだそうです。

塗り方も綺麗です。

絵の具が初めてだとアクリル絵の具でも当然格闘しなければならないことがあるんですが、

ニカワを使った絵の具だともっと大変なので

アクリルなんて楽なもん^^になってしまうんですね。

というわけで少し遅れたものの

今月中には出来上がるということで

ニカワを使った彩色では来年の雛祭りには間に合うか。。という具合でしたが、

あっけなく終わりを迎えるようであります。

それにしても

私もアクリル絵の具に替えようかな~~^^;

と思うほど、良い色、艶具合、楽さ、安さ、、

なんじゃい、、こりゃっ。

砥石もそうですけど

日々良いものができてきていて

古いものに固守するのも良いんですけど

新しいものもバカにできないねーーーーってな具合ですヮ。

Img_5425

先日油粘土を買ったんですが、

やはり使ってて気持ち良いものではないので

改めて今度はクレイ粘土を買ってみました。

久しぶりに粘土を触るのでちょっとウキウキですが、、

粘土で作品の原型を作って

全体の様子を見る。。って目的です。

私の場合、粘土でしっかり作ってしまうと

本番にはもう飽きてしまう性格なのでざっと絵では描けない部分の塩梅を

見てみたいってことなんです。

粘土も種類が結構ありまして、、

最近では球体関節人形が人気があるので

焼く粘土が多いです。

粘土をいじくって、最後は固まってしまう。。というのと

結局は固まらないでまた壊して元の形に戻る。ってのがあります。

これは各自目的別で選べば良いです。

私は元の粘土に戻れば良いので固まらない粘土。ということで探しました。

粘土の作品が沢山出来てもしょーーがないですしーーー。

粘土の作品の方が木の作品よりも良かった場合ヤバいですから^^;

とにかく粘土ですばらしいものを作らないようにしますっ^^

ま、存在感とか角度とか、安定感とか

こういうものは絵では中々描けないですから

粘土の方が楽かもしれませんね。

クレイ粘土ってのはとても色が綺麗にそろってるんですが、

色も関係ないので白を買いました^^;残念。

小さな人形や動物を作ることが多いせいか

粘土の容量も小さくて

大きめのものを売ってるところを探す方が大変です。

大きめと言ってもこの程度ですから、400グラム台かな。

2つで一キロ弱って感じです~。

昔むか~し、

私が彫刻家に絵を習ってたことがあったんですが、

そのアトリエには地下収納庫1畳分くらいにぎっちりと油粘土が入ってましたっけよ。

すごい量でした。

それから見ると1キロの粘土なんてものすげー少ないんですけど。。

油粘土は便利だけど爪の間に入ったりして気持ち悪いもんね~~^^;

(何の粘土も爪の間には入るだろうけど

やはり油粘土は気持ちよくないがやあ)

てなわけでクレイ粘土に挑戦してみますっ。

クレイ粘土作品を見てて

粘土としてはちょっと期待薄なんですけど^^;

鋭角に弱いような~~気がして。。(キリッとした線が出ないという意味)

石塑粘土ってのもあって

こちらも魅力があるんですが、、

こちらは固まる。

しかし、固まって更に彫刻刀で削ることが出来る。。という

これも便利かな~~と思ってるんです。

クレイ粘土が没だったら次にこれにいってみようか。。と思ってる最中っす^^

(なにを今更粘土にムキムキなってるヤツ^^;)

Img_5336

●ま

ホイやっ!

生徒さん作品、魚ご紹介。

いや~~、寒いですゥ。

昨日は3月最初のお稽古日でしたが、どなたも来ず~~^^;

最近は月末にあわてて行ってまえ~ってな風にどどっと混むんですが、

その反動か月初めはガラガラどす^^。

一人でシケシケと仕事をしてても部屋が暖まらず、

とうとう一番小さな部屋に収まって仕事をすることにしましたっ。

はやり冬は小さな部屋がいいな~~^^

部屋の中に机を持ち込んでっと^^

テレビをつけてっと^^;

夕ご飯もそこに運んできて食べてっと。。。。

その後そこに寝るっとーーー。

太りそーー^^;

雪が降るっていうもんだからベランダに出した次の日に出す分のゴミが

雪の中にもぐっちゃうといけないので玄関に避難させて、、、、と

用心してたんですけど、朝になったらどってことないねー。

雪は降ったんだろか。。。

そういえば音はパチパチしてたので霙は降ったみたいでしたが。

すっげ寒くてもお雛祭りだったんですよね^^

珍しく桃の花なんて買ったりして~。

我が家でも昔は花を活けてたりしてたんだけど

龍之介が花とか葉は全部食べちゃったので段々いけなくなりましたん。

その延長でほとんど花を買うことはなくなりましたが、

考えてみるとミロちゃんは花に興味を示さないので花を活けても良いわけで^^

ネコも色々です。。

ミロちゃんはネコの草にも興味を示しませんーー。

興味があるのはブロッコリーだけ^^

どういうわけかブロッコリーのゆでたのが好きらしく

毎回妙に嬉しそうに食べるのでこの時期お互い野菜不足ということもあり

ブロッコリーだけは買うようにして毎日ゆでて与えてます。

ネコがブロッコリーを食べるとは思わなかったなあ~。

甘いお菓子にも興味を示さないのでとっても楽です。

龍之介はケーキが大好きだったので

ケーキがあったりすると急に積極的になってきて大騒ぎ。。

隠れて食べても必ず見つかるしーー。

ま、今はるるちゃんがそうですが^^;

るるちゃんはケーキよりもチョコレートとかお煎餅みたいなものが好きかな。。

お菓子の包みの音で感じるようです~。

Img_5296

お稽古のおやつの時間に勝手に失敬してるるるちゃん。。

どうやって中身を取るの?と素朴な疑問がわきますが、

どうってことないペンチのような嘴でこのままガブってやると

あっという間に外の包みも中の飴も一気に粉々っすー^^;

生徒さん作品ご紹介~。

Wさん作、魚。

Img_5379

Img_5380

白木仕上げなので写真が今一解りにくいんですが、、、、

何か塗りたいんですけど、

最初から何を塗って仕上げる。。ってざっと決めてないと

何を塗ろうか悩みますね^^;

ついでに次に作るものに気が行ってしまうので、、

もうここらで良いっか^^みたいな気持ちになってしまって、

ここで終了です^^;。

背中(魚の場合も背中というか)の辺りの刀の痕が中々

自由な感じで良いんです。

刀の痕ってのはどうしてもキチンとそろってしまうことが多く

蜂の巣状になりやすいんですけど

Wさんの彫り痕はとっても自然でいいんですよね~~。

写真ではよく見えないですが^^;

この魚は私が彫ったこわもて魚を多少真似して彫ったものですが、

魚なのに自力で立てるってのが良いところです~。

魚は普通額にでもしないと飾れないっすから。

そのうち気が向いたら彩色しても良いかな。。って思ってますが。

とりあえず白木で飾っていただいて、楽しんでもらいます。

重苦しくない雰囲気でちょっとひょうきんな可愛い魚ですね。。

生徒さん作品紹介、雛人形。

もう柳の芽が出てて

遠くから見てもなんとなく木全体が緑色に見えるようになりました~。

わが家の近くの川は川の中の土の部分から木が生えてきて

長い間に結構な大きさになってきてますが、、、柳で7~8mくらいかな?

それらを今度は一斉に切るんだそうで^^;

なんでも大水になった時に流れが悪いんだって。

だったらさ~~、小さい時に切ったら問題ないじゃんけ。。。?

と思うんすけど、大きくして切りたかったのか^^;

ま、お役所のやることは解らんな~~。

明日はお雛祭りなのであわてて生徒さん作品ご紹介します。

Sさん作、雛人形。

先日段飾りを作られた方の別口です^^

どちらも注文だそうで、人気ある~^^んですねっ。

Img_5388

Img_5389

ネットで色々な人形を調べてこんなのが良いかな。。って選ばれたお雛様です。

箱も手作り^^

白木に絵が描いてあるのってのも良いもんですね。

とは言っても緊張しますよー。絶対。

白木は汚れやすいので

彫り上がりの段階でもとにかく汚さないようにしないといけないです。

手の油で黒くなっちゃうんです。

仕上げの頃は白手袋を使って彫ります^^

私のように枯れたババアになると素手で触ってても汚れませんが^^;

その上に絵の具で絵を描きます。

これが妙に新鮮にみえるんです。

松に藤。。

お雛様の定番の柄なんですが、

なんで松に藤なんだー?と長年思ってましたが、

先日NHKのニュースで言ってました。

松が男の象徴で藤が女の象徴なんですと。。。

知らなかったなーーーー。

私はどこかの家紋なのかと思ってました。

松の中に金で葉の線を描いてあるんですけど、中々良いんですー。

そこらに春が来た。。。って感じです。

とても可愛らしいし、色も良いです。

白木の人形は将来のことを考えると心配になってくるんですけど

心配しなくてもかなり良いですね。

木が黒っぽくなってくるのが5年後くらいからだし、、

黒いといっても真っ黒になるわけではないので

白木の人形も良いかなあ~~~としみじみ思いました。

Img_5390

Img_5387

同じようで微妙に違うこちらは松竹梅の柄です。

友禅みたいに白い縁取りをした絵になってるので

すっきりとした感じがします。

これがアクリル絵の具とは思えない~~。

しいて言えば、ボテボテとこすってつけてるような跡が見えるので

する~っとした肌になればいいなーと思いますが。

特に顔はもっとゆで卵にならないと。

夏ミカンのお肌じゃまずいっすね^^

しかし金なんかも金箔みたいじゃないですか。

純金使わなくてもよいなあ、、と思うくらいです。

雛人形ってのは色を塗った上にちょっと金で柄を描くと、らしく、なりますね。

いやーー、

これは喜ばれると思います。

どちらを選ぶか迷っちゃうんじゃないですか。

品良くて爽やかな良いお雛さまですね。。。

すばらし。

生徒さん作品、立ち雛のご紹介です。

とても寒いですね。

よく降りますしーー。

お雛祭りまであと数日なので

早めにご紹介しておかなければ、、、と思っています~^^

Img_5381_2

Iさん作、立ち雛です。

ちょっと暗めに映ってますが、

実際は紫がきれいです。

末娘さんがお嫁に行かれるお祝いに作られたものです。

こういうお祝いも良いですね^^

次の年にすぐに女の子が生まれたりして~^^;

もう一回作らないといけないですねっ。

立ち雛は飾りやすいです。

おおげさじゃなく飾れるので場所も気にしなくてよいです。

しかし、立ち雛の場合、金を多く使います~。

今回も一グラムを全部使ってしまいました^^;

純金です~^^。

別に純金を使う必要はないですが、

一度純金を使うと他の金が貧相に見えたりするんですよねー。

というわけで金だけでン千円分塗り込んでありますよ^^

しかし、金はなんとなくゴテゴテしてて厭味な感じもするので

上から汚してあるんです。

焦げ茶色を使ってムラを作っています。

秀吉みたいになるといけないですから。。。^^;

ひっそりと大人の趣味の立ち雛ですね。

娘さん喜ばれるでしょうね~~^^。