ホーム>工房日誌>アート・文化>8月も終わり、、
アート・文化

8月も終わり、、

8月もいよいよ終わり明日から9月だ。

暑い夏だった。。。。

昨日の晩などは夜中にちょっと布団が欲しいな、、と思ってしまった。

いよいよ夏の疲れと睡眠不足を取り戻す為に寝るぞ~~(ってか^^;暑くても良く寝るじゃんけ・・・)

いつから秋になるか、、って区切りの日はないけど

こんなに暑いのに、もう銀杏が黄色くなって落ちてるんです。

普通はまだ。。。

しかし、夏場に台風で落ちてた銀杏は青かった。

今落ちてるのは黄色いので、やはり着実に秋になっていくんだねぇ。

我が家の4本しかない木のうちの一本がとうとう枯れてきちゃった。

あーーあ、、、ってな感じ。

4月に植えたばかりだったので、毎日水遣りをしたけど足りなかったかなあ~。

私は木を枯らすってことがあまりないのだけど、

なんか、自分の手抜きさ加減の結果を見てるようで寂しいものがある。

人間年を取ってくると段々怠惰になると思うのだけど、

若い頃は勤勉かというとそうでもなくて、それはそれなりに怠惰だ。

とすると勤勉な時期ってのはほんのちょっとしかないのかもしれない。

物事をこなすのに、すっと腰が軽くあがって素早く処理できるか。。

後にしよう~とか、めんどくさいなーー、、、などと思って動かなくなってこないか。

こういう時期があるだけなのか、それともこのままどんどん怠惰になっていくのかどっちなんだろう。。。心配だ。

親のしつけ、とか親がどういう生活をしてたかで随分違うと思う。

料理家の栗原はるみさんちのお母さんは

随分前にテレビで見た話なのでうる覚えなんだけど

毎日365日欠かさず朝3時とか4時に起きて大豆を煮てつぶしてお味噌汁を作るんだったか煮豆を作るんだったかをして

キチンとした朝食を用意するそうな。

そういう母親を持つとその子はそういうものだと思って同じとは言わないまでも

やはり勤勉なキチンとして大人になるだろう。

人間にはメリハリってのか、けじめってのかが案外大切なんだと思う。

何もない世界に行ってみたい、、などとは思うけど

何もなかったらどうにも退屈でたまらないだろう。

毎日の生活もダラダラといつ起きても良くて、いつ食べてもよくて

働かなくてもよくて、、、誰にも会わなくてよくて、、、、ということをしてたら

発狂しそうになっちゃうと思う。

時間が欲しい、一日ポッカリと何もしない日が欲しい~~などと考えてるうちが華だなあ。

日野原重明先生が、

年をとったら一日でも休んではいけないと言っていた。

若い頃は休んでも良いんだそうだ。

年をとってから一日休むと普段の週間を取り戻すのに1週間ほどかかるので

それで老化が進むんだそうね。

私はまだそこまでいかないけど、

確かに一日休むと元の感覚を取り戻すのに多少の時間を要する。

毎日同じ繰り返しをキチンとやる。。ということは結構大事なんだわ。。。

Img_1020

ネコ久しぶりのお風呂~~~^^;

2年ぶりくらいかなあ。。最初の12年くらいまでは月に一度は入れてたんですよ。

しかし年取ってきたのでお風呂は負担かな~?などと思って最近はあえて入れてなかった。風邪ひかせちゃいけないしーって。でも久しぶりでも嫌ではあるだろうけど、特別大騒ぎすることもなく大人しく濡れてましてん。自力で乾くのに24時間^^;ブルブルをもう少し多くやればもっと乾くのにね~~。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/891

コメントする