ホーム>工房日誌>アート・文化>リスも
アート・文化

リスも

朝、散歩に行くと少し寒いです。

ここのところ朝晩少し寒くないですか?

201765173413.jpgほとんど分からないかもしれませんが、

昨日は良くない色でガックリしてましたが

今日は違う色を乗せたので

いい感じになったと思うのでした^^;201765173529.jpgで、持ち物を接着しまして

継ぎ目のところを補修しました。

乾いてから削って色を塗ります。

201765173619.jpgこうみえて

同じような色を使うので

一緒に塗ってます^^

リスなんて作ってもお土産品だよな~と内心思ってるんですが、

作ってしもた^^;

201765173720.jpgこの人の持ち物は手のところだけだと不安定なので

細いですけど、肩に留めることにしました。

まあ、、ちょいと引っかけたらお終いですけど。。。

201765173838.jpg中に針金を入れて

上を木で蓋してみました。

どうだろう??

木だと細くて長いので入らないのでした^^;

針金や竹は案外スポッと抜けるんですが、

栓したから抜けないかな?と。。。甘いか?

201765174012.jpgこれは少し白っぽく写ってますが、

私的にはこんな感じの色も良いと思う。

兵馬俑みたいな色です。

201765174125.jpgシマリスも縞はみんな違うのね、、、って発見しました^^;

右の耳が長いのは

顔を傾けてるからで

傾けて見えないところが問題です。

って書きましたが^^;

耳も目もほっぺも高さ違うのに

傾いてみえないのはなぜに?201765174314.jpgおっ、傾いてるじゃん^^;

って私が傾けて持ってるからです^^

可愛いやん。

201765174415.jpgこちらが本物に近い色かな。。と思います。

結構良い感じだと思うんだけど

足が短い?って思われるかなあ。。。

実際にはそんなに短くないのに写真だと短く写るのは

本当に短いからなのか。。。。。?

 

そう言えば

先週馬の仕事が入りそうだったのに

その後音沙汰ないので

ボツになったんだなあ。。。。と。

けど

ここ数日アフリカの太鼓にレリーフを入れるって仕事が入りそうで

面白いかな。。と思ってます。

アフリカの木はどんな木だろう。

堅かったらチ~~ンですが・・・

 

 

木彫りなんて食えないの。。。

 

私はずっと十代から木彫りですが、、

最初は弟子入りしてたので給料無しで

その後も弟子扱いだったので最初の年1万円からの給料でした。

虚しさのあまり、

お金のことは考えないことにしました。

考えると崖の気分になるので考えないしかない^^;

 

で、親の世話になってたからなんとかやってきたと思います。

家にお金は入れてたけど、

住むところがあるってことは大きいです。

同僚たちはかなり厳しい暮らしをしてたようです。

厳しい暮らしだと転職してしまいます。

 

私は仕事が面白くなかったので

すぐに病気っぽくなって家から出られなくなったので

逆に仕事にしがみつくような形になりまして

42歳で突然辞めるまで彫りの職場で働きました。(自宅でだけど^^)

 

結局まだお金のことは考えないことにしています。

お金を考えると仕事は悪くなります。

合わないから時間を短縮してしまう為です。

 

浮世離れして暮らしてたので

なんで今暮らしていけるのか不思議なくらいです。

 

ネットのお蔭です。

ネットで理解していただいて

大きな目で見て頂いてるので

作りたいものを作ってもやっていけるのですヮ。

 

木彫りは実際食えないです。

知り合いを考えてみても食えてないです。

 

食えてる人は技術よりもアイディアマンだったり、商才にたけてたりする人です。

 

上手い人はいくらでもいるのだ。

そして自分の方が上手い^^などと思っているのです。

確かにそうだと思う。

 

恋愛でも

この人と結婚して楽して暮らすぞ~~と思って狙う場合も多いですが、

中々上手くはいかないと思います。

 

欲を出すと上手くいかないですね。

木彫りも好きじゃないと、、

好きだから食えなくても良い、、くらいの気持ちじゃないと続かないのかもしれません。

食えないと彫っていられないんですけど、、、

ま、難しいところです。

 

最近は安易に金にしたいとおっしゃるんですけど

誰でも金にしたいでしょ^^

そうは簡単には問屋が卸してくれないんですよお。

 

カネにしたいなら他の仕事した方が良いかもしれません^^;

 

 

ということで

どうにかなるさ、、、というほど楽天的ではないんですが、

この道を進むしかない私です^^

 

 

ありがとうございます。

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

コメント(4)

なんだか凄い本音を聞いてしまったような気が済ます。
お雛様なんてあれだけファンが多いのにぃなんで、とも思いました。(^^;
大量生産出来ないお仕事だから莫大な儲けにはならないだろうけど
それで生きていけるのならいいじゃない?
なんて人ごとながら思います。
スンマセン。m(_ _)m
少しなりとも木彫を囓った人間からみれば
わきたけいこワールドはとっても独創的です。
細々でもいいから、これからも素敵な作品つくってくださいね。(^^;

愚石さん、お久しぶりです^^

お元気ですか。


いえ、
最近すぐに木彫りで稼ごうとする若い人が多い、、って話です。

そうそう簡単には稼げないョ。。ってことなんです。

稼げそうな人もいるんですが、

そんな人に限ってその気は無かったり^^;と
思うようにはいきませんね。

私は今のところは大丈夫です。

ひな人形屋としてもやっていけるくらいですが
他の物彫りたいですよね~^^

細々頑張ります!

ありがとうございます。

わお、失礼しました。
そりゃそうですよねぇ。(^^;
では、細々ではなく、バリバリがんがん削ってくださいまし。(^^;

細く長ーく頑張ります^^

コメントする