ホーム>工房日誌>アート・文化>美女の顔
アート・文化

美女の顔

夜中はよく降ってくれました。

うちの何も生き物が入ってないスイレン鉢が満杯になってました。

生き物が入ってないとすぐにボウフラがわくのでせっせと植木に撒かないといけないんだけど

雨が降るから撒く必要もないしねえ~。帯に短しだねえ。。。(とは言わないか^^;)

 

s-DSCN1012.jpgこういう梅雨らしいお天気だとどなたさまもだら~という感じで元気を貰える。。ということはありません。

s-DSCN1013.jpgs-DSCN1014.jpgなんと言いましょうか、活気がないです^^。

s-IMG_2549.jpgしかし、この方は梅雨は関係なく元気です。

トラちゃんの顔を見てください^^。

追い出されてイヤーーンと言ってるらしいです^^イヤなヤツでしょーね、このトリは^^;

s-IMG_2551.jpg今日は静かに黙々と仕事しました。

手の中のこういうところは彫りにくいので小さめの小刀を裏返しに持ってホジホジします。

左小刀があればそれでやった方が綺麗だと思いますが、とりあえず暫く使ってないので切れないから

使いませんでした^^;←横着者^^;

s-IMG_2552.jpg

裏側を削りました。大分軽くなりましたが、壁に掛けられるほどは軽くないので

もっと軽くする予定です。

壁にかけるとは限らないけど、掛けても大丈夫にしておかないと、壁が落ちた。。と言われても困りますねん^^;

s-IMG_2554.jpgs-IMG_2555.jpg横は綺麗な木目が出てるので、こちらは漆を塗るつもりでそういう彫り方にしました。

首の後ろの出っ張りは額装する時の接続部になります。

s-IMG_2556.jpg最近では作るものの見本になる写真をA4サイズの写真紙にキチンと印刷してそれを見て彫ります。

コピー紙ではありません^^;

ところが、この前このモデルのダビンチの絵の写真の上にゲロが吐いてあり、、捨てちゃいました。

そういうことをするのはミロちゃんだと思いますが、

とりあえず現行犯ではないので怒らなかったんですが、

(どうしてそういうところでゲロするかなあ・・・・・・)

しかし、神のお告げかもしれん。。もうそろそろ見本を見ないでやれ。ということなのかもしれないと

思って、見本無しでやってたら段々変な顔になってきました^^;(神のお告げじゃなかったらし。)

で、今日改めて印刷しやした。

それを見て彫ったので少し回復しましたが、まだ鼻の下がちと長い^^;エヘ

 

どちらにしても大分終盤に近づいてきたような気ィもします。

襟元と袖口がまだ考え中です。

こういうところの彫り方で突然ネグリジェになったりすることもあるので慎重に考えます。

服の部分は叩きノミでガガーンとやりたいところだったんですが、逆目がタマに入ってるので

思いっきり深く取れちゃうところがあって思うようにはいきません。

コネコネと丁寧にやったところがあるものはどこかでスッパリと気持ちよく彫ってないと見ててもイラッとしますので

彫り方の組み合わせを考えます。

 

と、ネコたちが寝てる間におばちゃんは色々と考えてるのだ。

 

ありがとうございます^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2038

コメントする