ホーム>工房日誌>アート・文化>犬箱の絵。
アート・文化

犬箱の絵。

s-IMG_1970.jpg冬の間に植木鉢の中に何かピッとした葉が出てきて

グラジオラスか??などと考えたり、その後にはヒオウギかと思ったり、どこから飛んできた種か、、と

あれこれ考えてたのが、とうとう咲いたらフリージアでした^^。それも悲しく2輪だけ^^

どこから来たんだろう。。

s-IMG_1972.jpgうちの東側だけ本当に狭く土のところがありまして、これは私が災害時にきっとトイレが必要になるんだ。と

思って空けてある土地です^^;

北側は草が生えないようにシートを敷いてもらってその上に砂利を置いてます。

それでこの東側のところは当然、草がすっごく生えて誰も抜きに行きたがらない^^;私も行きたくない。

というので渋々そろそろ草でも抜くか。。と思ってお邪魔したら、どーよ、この綺麗さは。。。^^

私は草を抜く時に何か面白いものがどこからか飛んできて生えないかと目を皿にようにして

選別しながら抜くのですが、スミレを見つけたのでそれだけは抜かないで何年か経ちましたのです。

こんなに増えた^^案外綺麗です。草を抜きに行くのもちょっと楽しみになりました。

他にも面白そうなものが生えてないかジロジロしながら抜きます。

本当はもっと濃い色のスミレが欲しかったんだけど、そうは都合良くいかないね。。。

けど充分満足で、ついでに花も大きくて立派だ。

s-IMG_1975.jpgスミレからの帰り道にベランダを外から覗いてみたら、中から覗いてる二人がいました。

おたんこトラと般若ミロ^^どちらも怪しい顔だ^^;向こうも怪しがってるらしい^^

s-IMG_1977.jpg鶴は間違ったところが案外上手く誤魔化せたのでめでたかったです。

日本昔話みたいな雰囲気になりました。

s-IMG_1978.jpg後ろも豪華にと思ったら、後ろばかりが豪華になってしまった。

それに亀が同じ方向向いてるし^^;首だけがあちこち向いてるのがせめてもの救い^^s-IMG_1980.jpg

で、前はすっきり涼しげ。。。寂しい。。

s-IMG_1981.jpg目鼻の位置を入れてみました。

目はどんな風だったか、ご主人さまをお守りしてるんだそうなので、とりあえず少し勝気な顔が良いらしい。

これから釣り上げていく予定です。

鼻ももっと大きくなります。口はぐっと結んだ、富士山型^^

金色を塗りました。最近アクリルでもかなり良い金色が出ててどっちでも良いと思うのですが、

一応純金を塗りましたっ^^

s-IMG_1983.jpg犬のくせに、、、とは言えないかもしれないけど、頭の上にちょんちょこりんがあります。

狆だと毛が長いので上に持ち上げて結いてるんですかね。どの犬箱を見ても結いてあるようなので

私もそうしてます。可愛いと言えばそうですが^^

s-IMG_1984.jpg今日はお稽古お一人でしたっ。

お友達に彫りものの話をしてて、先生が直してくれるの?と聞かれたら、ううん、、と答えたということで

やばし。。。と慌てて直す私なのでした。

直されるのが嫌いな方もいるので^^;直されたい人だけ直してます。

このキリストさんはベット付きなので難しいかもしれませんが、ベット無しの方がもっと難しいかもしれません。

顔が顎を引いてたらへっこみ過ぎちゃったそうで、引っ張り出して置きました^^

なんと言ってもキリスト様のお飾りなのでこちらを中心にしないといけないので丁寧に作りたいです^^;

s-IMG_1986.jpgこちら、お父さんのヨゼフです。

手がね、、、なんとなく心情を良く表していていい感じです。

独特な雰囲気があって良いですねえ^^

s-IMG_1987.jpgで、散々犬箱の話などもしました。

この角度から見るとやたら豪華なので、マズイなあ。。

やはり正面から見て豪華にならないといけないので、明日正面を豪華にしようかと思います。

目も大きくしないと^^

 

ありがとうございます。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1984

コメント(2)

ネコは みた・・・・(笑)

イヌも みた・・・ けど写ってない^^

コメントする