ホーム>工房日誌>アート・文化>生徒さん作品ご紹介 恐竜一家
アート・文化

生徒さん作品ご紹介 恐竜一家

この間ちょっと膝が痛いなと思ってるうちに

腰やら腿やらも痛くなってきて

すっかりジーサンみたいな動きになってしまったァ。

立ったり座ったりはものすごーく、よっこいしょ!と気合いを入れないと立てない。

どこが痛くても辛いもんですけど

体って繋がってるのね。とシミジミ思う。

連鎖的に色々なところが痛くなってくるんですよね。。

生徒さん作品ご紹介、Sさん作、恐竜一家

Img_6570

今日はなぜかお母さん恐竜も

なんとなくピンクになっている^^;

全体に柔らかい色調の

ご一家ですが

プレゼント先が

5歳の女の子というので

ピンクも良いですね^^

地面も和風の(和風の絵の具を使ってるからかも)色合いで柄が綺麗に入っています。

卵が見えませんので向う側から撮った写真もどうぞ^^

Img_6574

卵も同じ色になっている^^

中は色違いでキラキラとしてました。

色はさておき

この恐竜のお母さんは

なんて地球の広さみたいなものを

感じさせてくれる

素晴らしい出来なんでしょう、特に首。

広大は平野を思わせてくれて素晴らしいです^^

貰った姪ごさんも大事にしてくれると良いです。

Img_6577

もう一人の姪ごさんへの

プレゼント、トトロです。

トトロみたいなものは

案外難しいです。

とらえどころがない。

顔の大きさを決めようたって

どこからが顔よ??

みたいなぶわぶわ状態でかといって皆知ってるものなので

ちょっと違ってるとすぐに違うと感じられてしまう~。

ついでにこちらは入れ物になる予定なので更に難し。。

ということで期待しています^^

Img_6576

ちょっと画像がボケちゃって

すみません。

Iさんのお地蔵さまです。

もう一個阿弥陀さまも並行して

作ってますが、

二兎を追うものは一兎も得ず。

ということで

どちらもあまり上手くいかないようなので取りあえず一個に絞った方が良い。ということになりました。

しかし、この空気は何なのかなあ。。

小さいけど静かな空気を醸し出していて癒されます。

Img_6580

Kさんのオサガメです。

中々前に進まないのですが、

ヒレが体に密着してるのが

いけないか、、ということで

鋸で切り落として

新しいのを植え付けることにしました。

ちょっと開放的な形になって

良いんじゃないかと思います。

こうやって見ると小さなものにも見えますが、実際は少し大きいので(20センチ以上あります。)

大変かもしれません。

そろそろバシッと決めたいところです。

Img_6581

違うIさんの蔵王権現です。

とうとう奈良まで行って本物を見てこられたそうです^^

いろんな角度から写真も撮ってきました。

これ、大変ですよ^^;

あや~~、という感じです。

しかし、細かく正確に作るIさんなので

安心してお任せしています。

どんな風になるのかなあ。。。

今日は作った仏像はどこへ置くのか、、という話になり^^;

とりあえずは仏壇ではない。。ということになりました。

仏壇の中は案外狭くて置く場所がないとのことでした。

と、どこに置くの??

ね。

皆さん仏像をどこに置くんでしょうね。

私は電話の横に置いてます^^。

Img_6567

鷲の途中ですが、

仏ちゃまを先に作ることになりましたので

早速台座から始めます。

このヒノキは良い材なのですが妙に堅いんです。

しっかりしてて狂いが無さそうなんですが、彫るのは辛い。。

タマにはそういう木もあります。

多少重いです。

Img_6568 Img_6583

ちょっとヒーヒー気味に

彫りました。

時間かかった~。

Img_6584

どんな花にしようかなと考えながら彫ってます。

上に乗る仏ちゃまは

軽くて良い木で彫ります^^

仏さま専用の木を用意しててそれを使います。

仏さまが軽いのに台座まで軽いと妙に軽薄な感じがしますので

台座は重い方が良いかなと。

30キロ圏内の酪農家の人が

牛などを殺すのはしのびない。。ということで希望でそのままにされるんだそうですが、

殺されるのと飢死するのとどっちが良いのか

答えが出ませんね。

どちらにしても悲しい。

どっちが良いんだろう・・・・・

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございました。

仏像などの注文制作しています。お問い合わせはこちらからどうぞwakita@kibori.biz

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1669

コメントする