ホーム>工房日誌>アート・文化>モグちゃん完成。
アート・文化

モグちゃん完成。

Img_5553 最近のルルちゃんの

マイブームですが、

それは冷蔵庫の中に入ることです^^

冷蔵庫を開けると一気に

入りこんでしまいます。

なので閉めます。

中で遊んでる途中で開けると

怒ります^^;

怒って威嚇して噛みつきます。

だからまた閉めます。

寒くて怒れないくらいの時間、約3分^^

ほど経ってから

開けると

殊勝な顔をしてシンミリと出てきます。

助けてくれてありがとう~っぽい態度になります^^;

これを一日に何回も繰り返すんだからアホよね。

それにしてもうちの冷蔵庫は薬ばかりだにゃあ^^;

急遽お雛様の仕事が入ったのでウサギを中断してお雛様を作ることにしましたっ。

Img_5591

雛人形の時は顔とか着物に脂シミが出るといけないので

白くて美しい木を使います。雛人形専用木。(と勝手に決めてる^^)

Img_5592 Img_5593

大体売れ筋は決まっていて、90%くらいの人がこの雛人形、、と名指しされるんですが、

型があるわけではないので同じに出来るかどうか自信は全然ありません。

とりあえず自分の作ったものの写真を大きく伸ばしてそれ見て彫ります^^;

しかし、ほとんど文句は言われたことがないです。

大抵の場合、うちのが一番可愛い。。とおっしゃってくれるので助かっています^^;

Img_5594 Img_5595

今回の初節句のお客ちゃまは

桃花ちゃんとおっしゃるので

久々の名前の花をばっちり

図案に入れられる良いお名前です^^

他に桜の付く名前とか、以前にはかりんちゃんという名前がありまして

花梨の実などを入れた覚えがあります。

他にも葉が付く名前で葉っぱを散らしたこともあったように思います^^

Img_5618

ということで首無し作業は数日続きます^^;

モグちゃん他、3名出来上がりまして写真を撮りましたので

まずはモグちゃんからご紹介します。

多少無理すればなんとかなるかな~?と思われる3万円から4万円くらいの小品を

作ってみようかな。などと考えている今日この頃です。

Img_5576

モグちゃんのお肌がね~。

なんとも言えないんです。

ザラザラしておりますが、

触り心地が抜群です。

Img_5596

このような日向で

写しますと一層良い感じが

分かるんですが、

多少ハゲっぽいところもあります。

ハゲっぽいところは黒っぽく

出ています。

この微妙なムラムラが良いんですが

本来ならムラが無いのが

上手いということになります^^;

Img_5577

目はすっごく小さいですので

出っ張らしています。

じゃないと気がつかないくらい

小さいです。マッチ棒よりは小さいです。

目だけイチイの木で白木ですが、

赤っぽいです。

段々黒っぽくなっていきます。

Img_5578

手が可愛いです。

トリの足の握り返す感じにも

似てます。

実際は動かないですが

触るとなんとなく握り返したんじゃないかと思うような感触なんです。

Img_5580

お肌は漆の上から

砥の粉を蒔くというのを

数回繰り返してます。

少しづつ粉が落ちていくと

思いますが、

それでも漆を塗っただけの

肌とは全然違って

鹿の裏革みたいな

感じです。

Img_5581

裏は

足と胸の3点で

着地しております。

Img_5579

めったに見れないシッポも

可愛い^^

長さが12,5センチ、

横幅が6,5センチ

高さが6センチになっています。

手の平サイズで

コロコロしたいモグちゃんです。

金額は34,000円です。

他のカエルとカメはなんとなく予約~っぽくなってますので

もしかしたら販売に至らない場合もあるやもしれません。

よろしくお願いします~^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ありがとうございます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1593

コメントする