ホーム>工房日誌>アート・文化>雪!です。
アート・文化

雪!です。

3月中旬にして雪です^^;

梅の花が盛りの時に雪が降ることもありますが、

今回はもう桜ですよね。。。。

今日の寒さは格別で朝、ゴミを出しに行く時に思わず走ってしまいましたっ。

走ることがない私ですが、走ってみると案外身が軽いことに気がつきました。

以前は走るとお腹とかお尻の方がドボドボしてて思わず押さえながら走ったりしたものですが、

そういうのが全然なく、これならゴミ置き場より少し遠くまで走れるかも。。と期待してしまったくらいです^^;

私は体重を長いこと計ってないのですが、そう、、かれこれ30年は計ってない。

先週久しぶりに計ってみろと言われて体重計に乗りまてん。

すると55キロだったです。

ずっと同じやん。。。。。

案外重いんですけど、これ以上痩せるとガラ子です。

しかしこれ以上太るとデブ子ですヮ。

要するに丁度良いんじゃないか。

皆さんの体重をお聞きしますと案外お軽うございますね。

大概が40キロ台ですよ。

私だったら倒れてしまいまする。

ま、これから先数十年はまた体重計に乗らないと思いますが、(そんなに生きないか^^;)

久しぶりに乗ると妙な感慨がありました。

よそのブログを読んでて「拙宅」という言葉が出てまして

これなんて読むん?と一人思ったのでこっそりとネット辞書で調べてみたら

せったく・・・・自分の家をへりくだっていう言い方。と書いてありました。

フーン

面白いのはここからで

英語でmy house・・・・(欧米人は謙遜して自分の家を拙宅などとは言わない。)

って書いてありました^^

こりゃ可笑しい^^辞書とも思えない。。まったくその通りだけど妙に可笑しかったです。

物を差し上げる時などに・・粗末な物ですが、、、な~んて言いますが

粗末な物なら要らねーよ。みたいな気持ちもありますね。

へりくだりや謙遜も微妙な地位の時代になってきましたが、

美しく感じる場合もあります。さすが日本人^^

消えてほしいような消えてほしくないような~。かな。。

イルカの漁の映画がアカデミー賞をとりました。

もうイルカやクジラは食うな。。。って思うんですけどねえ。。

イルカを食べてる地域の人たちが野蛮に見えてくるんですから不思議です。

わたしゃ、イルカなどに芸をさせるだけでも嫌なのに

殴って食べちゃうなんて、、他にも食べ物があろうがな。と思います。

私だってイルカは懐かしくないですが、クジラは懐かしいですよ、給食のクジラの竜田揚げ。

けど無ければ食べなくても問題ないです。

アカデミー賞取って宣伝してくれて良かったじゃないですか。

これを機会にイルカを食べることが肩身狭いって感じを持てば

段々減りますよ。

野菜食べてりゃいいじゃんよ。

Img_2207

 

久しぶりにネコがお風呂に入りました^^

前の龍之介は月に一度入れてたです。が

洗面台で洗ってました。

ところが今のネコは暴れやがるんです。

ということでお風呂場で入れるんですが、大暴れなので人は濡れちゃう。

裸で入れると引っ掻かれて血が出る~~。ということで

誰も入れたがらない。という結論になるわけです^^;

しかし、色が変わってきた(汚くて^^)とか匂いがする。。などと言われてとうとうお風呂に入ることに

なったんです。

お陰さまで白いところは白く^^綺麗になりましたが、

この時期毛が抜けるのと重なって家は砂漠の草が丸く飛んでいく、、あれと同じ景色になっております。

方々に毛の玉が落ちてフワフワしてて

ネコにちょっと触ると手も顔もベッタリと毛が付いて、、もう~~おいおいっ^^;です。

いやあ、手入れを怠ってる罰ですが、、大変すよお。

Img_2210 今日の仕事です。

着物塗ります^^

注文主さまから見かねて

もう少し納期遅くて良いですよ~ってメールをいただきましたが

走り出してしまった私はもうとめられない。。

というほどではありませんが、もう峠は過ぎてしまったのでゆっくりやっても期日は一緒ですっ^^

Img_2211

今回、赤ちゃん用の雛人形ですし、

お名前もさくらちゃんですし、ご希望も桜色ですので

綺麗なピンクで作ろうかと思います。

ので下地に白を持ってきました。

ピンクが映えるでしょう~。

けど綺麗なピンクの地色が出来あがったら、桜の花は何色にすればいいんだい?

とヶ躓く私でした^^;

Img_2212 普段まったく使わない美しい色、

珊瑚という色を使ってみました。

ちょっと濃いので白を入れてっと。

Img_2213 あれ、美しや^^

Img_2214 あっという間に着物っぽくなりました。

Img_2215 ちょっと木目が貧乏くさく出たので

上から胡粉を叩き込みました。

これで半分以上は木目が消えます。

木目は出て嬉しい時と

嬉しくない時があるので適当に調整しちまいます。

Img_2216

そうこうして乾く間に

燭台を綺麗にしています。

あまり細いと折れちゃうといけないという気持ちと

ゴツくてもダサい。と思う気持ちと相まってモタモタしております。

もう少し細くしたいなあ~。

というところで本日はお終いっす。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1365

コメントする