ホーム>工房日誌>アート・文化>生徒さん作品ご紹介、子供仏さま
アート・文化

生徒さん作品ご紹介、子供仏さま

毎日寒いですねえ。(と毎日同じことを言う~^^;)

夜中にころっころに布団をかけて寝る私なんですが、、

ついでに犬は足の方に入っていて湯たんぽ代わりに^^

最近ネコが布団の上の丁度胸の辺りに寝るもんで

重苦しく身動きができません。

苦しい夢も見ます^^;

けど、追い払うとどこぞの寒いところまで行ってしまうので

そのまま我慢して朝を迎えますが、、

朝疲れてるゥ~。

生徒さん作品ご紹介、

Iさん作、子供仏さま。

Img_1999

ご自分で買ってこられた仏像の本を見て作られた作品です。

本の仏さまとは大分違うんですけど、それでも可愛く出来てるんじゃないでしょうか。

もっともっと丁寧に仕上げてもらいたいところですが、

飽きちゃう~んだからしょーがないんだわあ。。。

どうやって飽きっぽい人は仏像を彫りますかね。。

仏像ってそうそう短い時間で彫れないので

短気で仏像彫りたい人はどうすればよいんでしょう。。

かくいう私も仏像を彫ってるとすっかり飽きてしまうんですよねえ。

衣のひだの辺りでは元気無くなってきます。

そういう根性じゃいけないんだけどそうなっちゃうもんね~。

というわけで

もっと簡単な仏像を探すしかないんですけど

簡単なのは嫌なんだわねえ、、そういう方は。。

難しいものです。

なにはさておき、頭をクルリと丸く削れるようにはなってほしいものです^^

綺麗にツルツルに彫った頭を見てるだけでも何かしら良い感じを受けます。

子供の仏さまは頭が大きくて

当然顔も大きいので彫りやすくて良いですね。

大いに子供顔の仏さまを彫ってください。

胸とおへそ辺りはほじくりすぎたので埋めて修正してます。

修正の技術も巧くなる必要があると思います。

壊したら直す。

基本ですね^^

失敗しないで作れる人は修理が出来ない人になるので

案外良いようで悪かったりするんです。

失敗してやり直して、修理して、、継ぎ接ぎにして、、なんてのが

腕をあげるコツですね^^

今日の仕事です。

Img_2002 手~~です。

色々な手があると思いますが、

うちのネコを見てると手が可愛いっ^^。

手だけでも丁寧に彫りたいと思うほど可愛いです。

Img_2003 台を作ります。

台が結構イメージがぴったりしないことが多くて

よく作り直します。

今回もこれは二つ目です。

ま、作り直すと言っても使わなかったものは

他の台になるわけですが^^;

Img_2005 そろそろシッポがないと寂しいので

シッポ作ります。

シッポのように細くするものはヒノキを使いません。

真っ直ぐだと良いんですが、

横の目が弱いので

ポキンと簡単に折れてしまう場所がでてくるんです。

これは丁度良かった、多分桂だと思いますが、結構堅めで良いみたい。

Img_2006 こんな感じですかの。。

 

Img_2007 お尻にブスリとドリルで穴^^;

シッポを植える時は色々考えちゃいます。

取れにくい角度につけないといけないですし、

シッポも細いですし。。

Img_2008 シッポは丁寧に彫ろうかと思ってます。

どんな風になるのか

楽しみだな~^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1332

コメントする