ホーム>工房日誌>アート・文化>生徒さん作品ご紹介、段飾り
アート・文化

生徒さん作品ご紹介、段飾り

今日は穏やかなお天気でした。

それとは関係なく朝から救心買いに行ってきました^^;

昨日生徒さんに初めて救心見せて貰ったんですが、

あまりの瓶の小ささにおったまげたのでありました。

テレビのコマーシャルで瓶の形やらきゅ~しんきゅうしんという歌などは知ってましたが、

瓶は普通の3センチくらいの高さかと思ってました。

しかし、ネコも真っつぁお、、、1センチくらいしかないんですねえ~~。

いやあ、それでも中身は高価な動物性漢方薬麝香(じゃこう)とか、動物性じゃないですが真珠とか

入ってるんですねえ。だから高いんだわ。。。

と思った次第です。

小田原にウイロウという胃薬があります。

これも仁丹みたいな銀色の丸ですが、

一般には年に一度葉書で売ってくれるだけだそうです。

お店まで行く人はもう少しは売ってくれるようですが。。。

生薬の植物だけじゃない薬は手に入り難くなってるんですねえ。

私は動物性の漢方薬でなくて植物性で充分です^^;

昔、伊勢佐木町に行くとヘビやさんがあって

漢方薬やさんだと思いますが、

店先にヘビがうねうねと動いてまして、

店の中はトカゲみたいなものの干し物が沢山ありました。

こういう店は今はあまり見かけませんが、

まだトカゲを煎じないとダメだと言う方もいらっしゃるんでしょうか。

ミミズを煎じるとか、ナメクジを飲むとかいうのもありましたよね。

うーーーむ。。。

最近はあまりやらなくなったんじゃないですかねえ。。ホホホ・・・

うちの干物たちもご覧ください^^

Img_1745

生徒さん作品ご紹介です。

Sさん作、段飾り。

毎年数個頼まれていらっしゃるそうで、見た目は同じものですが、

段々良いものになってるんです~。

Img_1736

毎度見ても素晴らしい人形です~。

手前のお二人はまだ顔を描いてませんが、

明日、顔を描いたのを載せる予定です。

今回この段飾りを写真では見ていたけど、実際には初めてと言う方が

えええ??こんなに小さいの~?と驚いていらっしゃいました。

前の写真はどアップだったのでものすごい大きな段飾りのように見えましたが、

そうなんです。とっても小さいんです。

人形一個が3センチくらいでして、

下の桃が描いてある箱が20センチ角くらいかなあ、、、、

その中に段と人形共々納まってしまうという、

なんという素晴らしさ。

これからはこうでなくっちゃ~~~。です。

だから顔なんて5mmくらいですからねえ。

そこに高い鼻を作って目口を描くんですから大変ですよ。

顔ったって15個あるんですから。

顔は一個描くだけでも大変です。

というわけで、飽きないのかな?と思う気持ちもありますが、

毎回見事な作品を見せていただいて

一足お先に春~でありました。

今日は大して仕事しなかったです。

そろそろ顔を作りたいのですが、

顔は一日時間がある時にやりたいのでそれまでブ~ラブラです。

Img_1754

襟元を塗り始めました。

ボテボテ塗ってるように見えますが、

塗ってます^^;

これからペーパーをかけて更に少し柄を入れます。

Img_1755 Img_1756

こちらピンボケです。

なんというかあ。。

手~入れ過ぎ^^;

どこか抜かないと

気が滅入りますな。

と言って顔を手を抜く~^^などと。。

顔は大きくて白いですから、顔が乗ると案外すっきりとしたりするんですが。。

ちょっとどこかつぶさないとなあ~ということばかり考えながらまたもや絵を足す私かな^^

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

ランキングに参加中ですので押してくださるとありがたいと思うとります。ポチッ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1301

コメントする