ホーム>工房日誌>アート・文化>11月18日
アート・文化

11月18日

年賀状の図案を考えていまする。

私はなぜか門松とかお供えとかの絵が好きで

ついついそういう絵にしたくなるんですけど

そうそう毎年使うわけにもいかない。

というのは毎年そのまま使えるので

毎年の区別が分かりにくいのですヮ。去年も同じだったじゃん?みたいな~。

そういう意味ではやはり干支は良く出来ていて

次の12年後しか使えないから毎年考えるしかないわけだ^^;

ところが今年も閃いたのはしめ縄なのだった。

これも毎年使えちゃってまずいなあ。。。と内心思ってるのだが。

出雲大社みたいな思いっきり太いしめ縄に しで(紙垂)、、白い紙で出来てるヒラヒラとしたもの。

を下げて。。ってのがいいなあ~っと。

先ほど郵便局に行くと

もう10センチほどの厚みの年賀状を出してる人がいて

すごいな~~、(量も時期も暇さも^^;)

と思ったんですわあ。。

ああ、今年も三が日内に着くんだろうか~^^私の年賀状。

子供手当てのが年収2000万円以下の家庭に出される。。という話だけど

2000万円も収入がある人が子供手当要るかしら。。

私個人的には500万円以下くらいが良いんじゃないかと思うんすけど~。

こういうことを考えてる人たちは年収が2000万円以下だと暮らしにくい貧乏だと

思ってるのかもしれない。

そういう人たちが考えてくれてるわけだから

温度差^^は出ますよね。。困ったもんだにゃ。

今日の仕事です。

Img_1451 足の間をほじくります。

そして四本に分けます。

Img_1452

左後方から見た図。

ほとんど何か分からない^^

Img_1456

胴体に首が入る穴をあけて(軽く5mmくらいの深さ)

首を同じ太さにして

取りあえず、突っ込んでみました。

張り子のトラだあ~~^^アハハぁ~。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1282

コメントする