ホーム>工房日誌>アート・文化>フォトフレーム
アート・文化

フォトフレーム

ここのところ、夕方5時を過ぎても明るいので

お稽古終わると一気に犬を連れて川のふちを散歩に行くんす。

写真撮るほどの明るさじゃないんだけど、それでも花々は春そのもの。。

上見て下見て^^

と前方にやや人だかりが^^

こういうのは好きだから、何々ってなことで一緒に覗きこむんです。。

すると鵜が何か獲物をとっているところだったんすね。

結構長いものなので蛇かと思ったけどどうやらウナギらしい。

あーーー、こんな川にもウナギがいるんだあ・・・・・

長さが30cmほどあって太さはやはり養殖ウナギほどの太さはないんですけど

中指くらいの太さかなあ~。

それをまさしく鵜呑み。。飲み込むんですよ。

ところがどっこい出てきちゃう~。

その繰り返し。

私も暇だからどちらが勝つのか最後まで見届けようと思って

20分ほど頑張りましたっ。

鵜も多少苦しいのか、ものすげーウンチをするんですヮ。

牛乳を100ccっていうような感じのフンを何回もするところを見ると

内臓は完全にカラにしてウナギを食うぞーーーってことか。。

が、全部飲み込むと丁度尻尾の部分だけ口から出ちゃうの。

ちょっと長すぎるんでしょうかね。

と突然に全部出てきちゃう~。

また捕まえて飲み込む。。。何回やってるのかなあ。。

そのうちとうとうウナギが力尽きたか死んでしまったようでした。

それでも石の上に立って体を長くして飲み込んでみたり、

水の中で水の勢いで飲みこんでみたりと工夫するんだけど出てきてしまう~。

ということはウナギが元気が良くて出てきてしまうわけではなくて

鵜の体には大きすぎるので出ちゃうってことかなあ。。。

ということで大分暗くなってしまったのでしたが、

結局は、ウナギは死に、、、、鵜はとうとう諦めた。。。んでした。

あらあ~~~、、という結果で残念でした。

野生の王国だなあ~(しみじみ。。。古っ。)

Img_5547

生徒さん作品じゃない番外編、

姪の作ったスプーン。

肉球が上にくっついてるんです^^;

今の流行りってのはおもしろいもので

先日も姪の友達が持ってるのは10cmくらいもある大きな獣の足の裏のストラップ。

すなわち肉球^^;

キモイと言えばそのとおりなんだけど可愛い~~って言うんですよね。最近の子^^

昔は匙の頭なんかに足の裏なんて付けなかったがやあ。。。。

それでもこれは可愛いと言えば可愛く、愛用できるような感じで

お口サイズか、口に入れて出した時に匙に食べ物が残らないか。

柄の角度は使いやすいか、長さはどうか、、、

ということを色々試行錯誤して作ったもんです。^^

木端でこんなのを作るのも良いじゃないですか??

エコですよね^^

Img_5549

Img_5550

お願いしてあったフォトフレームが出来上がってきました^^

新潟の樫木工房ってところで作ってもらいましたっ(ネットで検索できません^^;)

樫っていうくらいだから

普段は堅木で作ってるんですけど

彫りやすいように桂の木にしてもらって

ついでに彫る場所を確保する為に回りの幅を広く広げてもらいました~。

L判サイズが縦でも横でも飾れるようになっています。

直に彫っても良いし、透かし彫りしても良いし、

違うものを作ってはめ込み式にしても良いし、、

色は家具用塗料でも良し、アクリル絵の具でもよし、、

自由に使えるようにしてあります~~。

これで3000円す。

高いか安いかわからないけどどちらかと言うと安いんじゃないかなあ。。

綺麗な面取りはしてあるし、

アクリルじゃなくてガラスが入ってるし。。

すごくキチンとした仕事してあるしーー。

てなところで

自由にデザインを考えてオリジナルな写真立てを作ってほしいものです^^

とはいえ、とりあえず見本でも作らないといけないかもっ。

そのうち作りますっ。

プレゼントにも最適だしょーー^^。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1151

コメントする