ホーム>工房日誌>アート・文化>大晦日
アート・文化

大晦日

特別綺麗になりはしないけど

大掃除をしてすっきりした^^

今年はテキパキと進んだんじゃないかと思うのは

多分天気のせいか。。

今日はすっかり寒くなってしまってこうなると水を触るのも億劫になってしまう~^^;

Img_4682

拭き掃除の間 生き物たちも

陽を浴びてほしいので陽射しを追いかけて

鳥かごを置くけど

ご当人様はどこぞへお留守でワンコさんとにゃんこさんが仲良く日向ぼっこ^^

なぜ鳥かごに入るか分からないけど鳥かごの中が大好きなにゃんちゃん^^;

昨日はお餅だけを買いに大船へ。。。

Img_4687

こんな普通の小さな和菓子屋さんのお餅が美味しい~^^

と言っても予約制で予約しなかったので買えないかな?と思って並んでみると

一枚は買えるって^^

それは良かった。。ということで一枚購入~~。

サ〇ウの切り餅などと比べると多少高いんですけど(3500円くらいだったか、、)

タマ~に食べるんだから多少高くても美味しい方がいいもんね~。

昔勤めていた仕事場では毎年仕事納めの日には餅つきをしたので

お餅だけはとても美味しいものを食べていた^^

そういう美味しさには及ばないんだけど

それでも美味しいんですよね~~。

Img_4690

それなのにこういうヤツがこのようなことを!

あちゃーーーー、食べ物の上に乗るなんて罰あたり^^;

フワフワしてて感触が良いんすかね~~。

ほっと一段落して今年とか来年のことを考えてみる。

更に不景気になりそうなのでどういう対策を練ろうかな。。と思ってたのだけど

家人が

素人にも解りやすい筋の通った木彫りの本を出してくださいよ。。。などと言う~。

へーーー。。なんて聞いてたけど

そういえば前にもそういうことを言われたことがあって

買ってもしょうがないような本じゃなくて

解り易くちょっと為になることも書いてあって

一人で見てても一緒に彫れそうな本。。。なんてね。

私も欲しいじゃん^^;

そうかあ、、、不景気で暇だったら

こういう機会にそういう原稿を揃えてみるのも良いかな。。。

なんて思った次第っす。

どうなることでしょか。

自分の覚えたことをそのまま死んで持って行くんじゃなくて

次の人にバトンタッチするのが生き物としての使命だということで

そういうことならば

そろそろそういう準備をしなければいけない時期にもなってきてるんですヮ。

というほどの内容があるのかどうか、、と思ってしまうけど

ま、それはそれなりに面白たのしく残していくのも良い考えかと

考えるわけです。

もうそろそろ同じことを何回も言うようになってきて

言ったことを忘れるようにもなってきてるので

まだなんとかなるうちに過去の記憶を出さないと忘れ去っちゃうんだから

もったいないと言えばもったいない。

などと考えながら今年は暮れていく~~^^

 

定年後に趣味として仏像彫りを習ってた父が

ものすごーい量の彫りものを残して10年ほど前に亡くなったのですけんど

その処分に結構困ったのでしたよ。

その中で私が唯一良いな^^と思って残してあるのが

来年の干支の牛^^

Img_4691

捨てようかな。。とゴミ箱のところまで持って行くんだけど

とりあえずちょっと愛嬌があるのでまた戻ってくる。。という具合で

なんとなく好きなんだな~~^^

うちの父は名前を耕士と書いてこうしって読むんですが、

言い換えると孔子だったり子牛だったりするわけで

牛を見ると父の名前を思い出しちゃうってわけです。

そんなわけで牛の彫りものがあっても良いか^^って思って仏壇のところに

飾ってあるんだけど

彫りものに限らないけど

こういうものってのは巧い下手と関係なく

なにかしら良い雰囲気で愛着の持てるものってのがありますね。

素朴で良いものってものがあって

これは素朴でなくなってくると段々技巧的になって好さが消えていく場合も多いっす。

素朴で良いものを作ってられる人が一番良いかな。。って思うんですけど

ついつい向上心からこの良いものを捨てて

技巧に走るんすよねーー人間は^^;

そういう意味で

そんなに性格が良いわけではなかった父を

この牛を見るとこんなのを作る人はどんな風な人なのかな?と

思わせる雰囲気が好きで

まるで良い人だったような錯覚を覚えるわけですう。

(ほほほ、、良い人だったんですよ^^;)

そんなわけで

今年もつたない文章を読んで頂いてありがとうございました。

来年も大したことない文章で続きます^^

また来年もよろしくお願いいたします。

来年が皆様にとってより良い年になりますように

お祈り申し上げます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1106

コメントする