ホーム>工房日誌>アート・文化>休日の谷間
アート・文化

休日の谷間

一昨日昨日と大雨、雷雨でちょっと寂しいお休みでした。

今はなんとか晴れてきて犬の散歩にいけました。

富士山がよく見えて空もきれいになっていました~。

かなり降ったから空気が洗われたのかな。。

一昨日だったか、隣駅の大船ってところに行きましたが、

その近辺で一番美味しい和菓子屋さんで

丁度午後のおはぎを出してるところだったす。

粒あんが美味しそうでありました。

買おうか、、ということになったのですが、

肝心の用事を済ませて帰りがけに買おうということになり

ほんの15分ほどでしたが、

戻ってくるともうないじゃ~~~ん。

こし餡のが二個あるきりでした。

がつかり~~~。

出たら売れる。。で一日フル回転して作ってるのでしょう。

やはり美味しいのは皆知ってるのねー。

私はおはぎをそれほど好きではないですが、

年に数度は食べてもいいな。。と思うこともあります。

過去に一度作ったこともあります^^

かなり上手にできましたが、

ああいうものは隣近所に配れる人じゃないといけません。

なんたって数が沢山出来ちゃってねー。

全部家族で食べるとなると毎食おはぎですヮ。

うちの母も一度だけおはぎを作ってくれたことがありました。

それはでっかいおはぎでハンバーグのもう少し大きめのものでほぼ小さなお弁当箱位の大きさでした。

一個食べただけで気持ち悪くなり、口からおはぎが出てきそうでした^^;

以後一度もおはぎを作ってほしいと言いませんでした。

小豆ってのは日本人は好きですね~。

私は豆を煮るのが得意だったので

よく小豆を煮ましたが、とても人気がありました。

友達に白玉を作るのが上手な人がいて

その人と協力して白玉ゼンザイっていうのかな、、、それを作ると

ものすごい勢いでなくなりましたっけ。

小豆の煮たのだけではしょうがないし、

白玉だけでもしょうがない。

かといって私は白玉を作るのは巧くないし、、、と

丁度よい具合でしたけど、、

その友達も引っ越ししてしまったのでそういう楽しみはなくなりました^^

私はあまり甘くしないで小豆の香りがよく感じられる程度のが好きです。

中にはキーーンとなるほど甘くしたのが好きな人もいますし、

お汁粉を作るとどんぶりで毎食食べる人も結構いるんですよね。

大体小豆ってのは一袋250グラムから300グラムくらいが多いので

それを一気に煮ると3~4回くらい食べれる計算ですけど

一鍋終わるまで他の物を食べないという人もいました。

小豆が美味しく感じられる季節ですなあ~^^。

Img_3401

家人はるるちゃんのことが大好きでほぼ溺愛です。

見てるとかなり引き気味になります^^;

これはるるちゃん用にハンズで木を見つくろって穴をあけてもらったり

蝶番を買ってきたりして作った止まり木です。

るるちゃんは気に入ってるみたいです^^。

なかなか良く出来ていて可愛いです。

Img_3259_2

こちらは買ってあげたブランコに乗らないので

特訓を受けているところです^^;

たぶんブランコを知らないようなのでやや強制的に乗せて

慣れるのを待ってるところですが、

あまりお好きではないようです。。。

ペットショップではブランコが好きなトリは勝手に乗って揺れてます~。

ケバいラブホテルを思わせるブランコですが、

トリはこういうケバさが好きなのか、皆こういう作りになっています。

飾り一個づつをつついたり壊したりして遊ぶようにもなってるんですね。

るるちゃんは可愛いのですが、

私は過去にインコを5匹くらい飼ったことがありまして、

その中でいうと慣れ具合は4番目くらいです。

不慣れ具合でいうと2番目です^^;

要するにあまり慣れないです~。

肩には乗りますが、人を信用してませんから

すぐに噛みつきます。

噛みつくと嘴の力が強いのでペンチでつぶされたような感じの痛さです~。

けど血が出るほどは噛まないので一応は配慮してくれてるようです。

一番慣れなかったインコは血が出るまで噛んだ上にもう一度噛み直して

もう痛いのなんのって。。。。

私はインコをヒナから飼うのが好きなんですが、

慣れるとそれはもうコロコロになつきます。

ポケットや首筋の中に入り込んで力を抜いて寝たりしますが、

やはり慣れない個体もいて

最初から悲惨なのもいるのでるるちゃんはまあまあですかね。。

肩に乗せて外を歩くまでにはなりそうもありません。。

カラスの襲撃も怖いですし。

外に出るのは犬だけかな^^

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1070

コメントする