ホーム>工房日誌>アート・文化>特大カメ吉 彫り上がり
アート・文化

特大カメ吉 彫り上がり

風が強いです。

秋になると空の具合が楽しくてついつい上を向いて歩いてしまいます。

風が強いと更に動きが激しくておもしろい^^

強い風が吹いたので銀杏がどっさり落ちました。

臭っせ~~~んですが、

それでもフルーティな香りもちょっと入ってて

青い実の時期と、黄色い実の時期と、更に茶色の実の時期とは

多少匂いが違うようです。

家族連れが袋を持って銀杏を拾っていました。

小さな子どもたちは素手で拾ってたけど

銀杏は結構ひどくかぶれたりするんですよね。

大丈夫かな~~。

千葉の幸満ちゃん変死事件でお母さんがコメントを出されて

それを読みましたが、

子供が変死して数日でこんなにさめた文章が書けるものかな???な~んてね、

思いました。

普通、まだまだ気が動転してて一年くらい経たないとああいう文章は書けないかと。

特大のカメ吉が彫り上がりましたっ。

写真で見るとサイズが今一わからないのですが、

結構存在感あります。

Img_3452

カメ吉は以前作ったものなんですが、

その時は手に乗るサイズでした。

頑張れカメ吉。。という題名で、元気を出させてくれる前向きな姿勢を

しています。

なにくそ、、、頑張るぞ。。みたいなね。

これを出来る限り大きくという注文で作りましたが、

我が家の木ではこれが最大です。

30cmちょっとあります。

けど、顔や手足は大きめで

小さなカメの拡大版みたいな形です。

大きい時は年齢を経たカメにすべきか考えましたが、

元気印ということでは少年くらいのカメの拡大した形の方がパワーを感じるかと

思いました。

Img_3453

これから彩色に入りますが、他の仕事と組み合わせてやっていくので

様子をみいみい仕上げていきます。

とりあえず漆を塗る部分から始めます。

幸福を招くカメであってほしいな~^^。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1068

コメントする