ホーム>工房日誌>2008年9月

2008年9月

漆塗り

またもや暑いではないかいな。

毎日降りそうな雰囲気もあって水やりをもう少し待ってみるか。。

と判断するのがすべて裏目。

結局カスカスまで乾いてしまって

今日は暑い中水やりをした。

来週は秋の長雨に入るというけど、、

蒸し暑いそうな。

これも厭だねえ~。

漆を塗るには楽で良いんですけど。

我が家では鎌倉彫も教えられるのですけど

会には所属してないので伝位は差し上げられません。

その分、サービスとしてお好みの図案、思い通りの塗り、、をご提供しています^^

というのも会に属するとお好みの図案ってのはないんす。

お仕着せです。

図案代もかなりのお値段なので

私のところではそういう意味ではどんどんオリジナルの鎌倉彫を作りたい人には

向いてるといえば向いています。

がーー、今では鎌倉彫を習ってくれる生徒さんは一人になってしまい、、

(もともと二人だけだったけど^^;)

塗り物が仕上がってくるのが寂しい~状態になってきました。

友達に塗師がいて腕が良いもんですから

もっともっとお願いしたいところなんですがねーー。

ま、塗はお値段が高いのでそうそうお勧めはしてませんが。。

Img_3009

綺麗で良い色に仕上がってるじゃないですかあ~。

彫りに自信のない方はなるべく彫らないのが綺麗に塗れるコツです^^。

腕に合わせて図案をおつけしていますー^^;

Img_3015

こんなんもこの時期にぴったり、、

横長のお盆に野葡萄の絵をつけてみました。

黒いお盆なので見辛いですが、

小さな実のところは下に朱を塗ってくれてるので

段々使い込むにつれて実の部分が赤くなっていく。。と塩梅です。

私もついでに漆を分けてもらってます。

Img_3010

漆職人は漆を桶で買うので

分けて貰う時はこうやってラップに包むか、茶碗に入れてくれるか。。

のどっちかです^^;

茶碗に入れると移動途中でこぼれやすいのでこっちの方が正解かも。

けど、この後、どうやって出すんだい?というのが毎度の疑問であります。

今まで上の輪ゴムを開けてたのでとんでもないことになってましたが、

考えてみると下に穴をあけた方が巧く全部出切るかな^^;(頭悪いなーー)

ということで漆は空気に触れると反応し始めるので

なるべく空気に触れないで密封しないといけないです。

これが結構大変。

だから素人だったらチューブが便利です^^

が、、、、、チューブもそのうち入口が固まって動かなくなります^^;

職人さんはチューブは不便だと言ってますが。。

使う頻度の問題になりますね。

多く使うなら茶碗で良いのですけど、

めったに使わないとその間に固まる可能性が大きいのでチューブの方が

まだ楽かも。。

茶碗だとか桶だとかは蓋を使うたびに下げていかないとならないのが厄介なんす。

回りがくっついてるものをどうやって下げるんだい。。。

ということと減った液体と蓋の間に空気が入るとまずい。。。よ。。ということが

問題です。

昔は油紙などで蓋をしてましたけど

最近はラップが便利みたいです。。

ま、どちらにしても全部綺麗に使い切るってのは難しいのかも。。

(と汚くなって使い切れない私・・・・・・・)

生徒さん作品、コーヒー用匙's

我が家の斜め向かいに80代の一人暮らしの女性がいる。

一人でポツポツと暮らされてるようにお見受けするけど

ゴミを出す時は大変そうだ。

今日、見たことがない小さなゴミやさんの車が入ってくるので

なんだろう?と思って見ていたら

そのお宅にゴミを集めにきてくれたらしい。

一人暮らしのお年寄りの家にはゴミを自宅まで取りにきてくれるサービスができたのか。

足や腰などが悪いとごみ出しは一苦労だと思う。

こうやって玄関先まで出しておけば取りに来てくれるなんて

嬉しいサービスかも。。。。

暑い夏場、彫りものどころじゃない人も多いですが、、

こういう期間に普段できない小品をせっせと作っておられる生徒さん。。

Sさん作、コーヒー用匙’s、ご紹介です。

Img_3020

あ、賑やかで楽しい^^

色々試行錯誤と遊び感覚があって一個づつ手にとって見てしまう~。

なんでも人口漆とかを使ってるそうで

一応食器の部類に入るので口に入っても安全なものを。。。という土台を踏まえて

多少柄のところはアクリル絵の具などを使って遊び心を。。

コーヒー豆を入れるスプーンは食用ではあるけど

毎回洗うものでもないので

たま~に洗う。。という程度で良いのかな^^

そういう使用に耐えるものらしいです。

木はホウの木を使ってるそうで彫りやすい^^値段もお手頃^^;

人口漆の赤だとか黒だとか茶色を使って

根来塗などを意識した塗り方をしたりしてるそうです。

ややギラギラ感があるのが気になりますけど

これは今後拭きとりの仕方で変わってくるのではないかと思います。

夢膨らみ、たくさん作ってクラフト展で販売^^な~んてことらしいですっ。

いいじゃあないですか~~~。

それと同時に職業病じゃないけど

腰痛が発生し、量産することの辛さ。。を味わってるところのようで。。

沢山作ると体の調子がすぐに悪くなるんですよねーーー。

これからも独創的な楽しい作品お願いしまっすっ。

九月

九月に入りましたねえ。。。。

学校もちゃんと始まりましたか^^;

振り返ってみると長い夏でした。

暑さもひとしお、、、雷もいっぱい^^

Img_2993

●●

サンゴジュだって赤い実がもうこんなに。。。Img_2992

銀杏もたわわでそろそろ落ちそう~。

秋だな~~。

昨日のエドはるみさんのマラソンですが、

110キロくらいを走ったそうですが、人間はそんなに走れるもんですか?

オリンピックよりも視聴率が高かったそうで^^;

なんていうか、、、

途中で苦しくなって挫折しそうな雰囲気を楽しむっつーのか、、

より年配の人のもうダメじゃないの?????ってのを期待して見るってーのか、

結構残酷な企画ですよね。(去年も書いたが^^;)

な~~んだ無事に着いちゃったんだあ~なんて言いそうな・・・・

それにしても毎年伴走してる人のすごさを感じてしまいます。

ずっと話しかけながらサポートしながら走ってるんですよね^^;

すごすぎ~~。

●●

9月1日は父の命日なので

一日前の昨日に墓参をしてきました^^

ああ、父が亡くなってはや10年。。

生前父のことが煙ったくてなかなか近寄らなかったけど

今でも思い出してもあまり好きじゃないっすね~~。

けど懐かしいことは懐かしい。

ふと道で父かと思うような姿や服装をした人に出会うことがありますが、

そんな時ドキッとします。

え、、まだ生きてたの?死んだんじゃなかったっけ??などとね^^;

しかし、私はなつかなかったけど父は親切でありました。

ま、お節介というのかな^^

私が独身で稼ぎが少ないから、、と言って

質素に暮らせば死ぬまでは暮らせる60年間保証のコンクリートの家を建ててくれました。

が、この家が住みにくい家で、、、

とうとうあっという間に壊してしまったですが^^;(親不孝。。)

一応内心、すみません。。。という気持ちもありますが、

どうせ建てるならもっと住みやすい家にしてほしかった。。。などとも思うのであります。

どこまでもすれ違いの父子。。。

父は散骨してくれ。。と言ったのにも関わらず

母はお墓を買ってしまい、、

そのお墓は遠くはないのですが、山のてっぺんにあり、、

この坂道が案外大変なんですわ。

大体が、人は暑い時期や寒い時期に死んだりしますので

気候の良い桜の時期だとか紅葉の時期だとかに墓参りすることはなく、

酷暑か激寒にいかなければならないっす。

これが辛いんだなーーーー

昨日も暑く、坂道でヘバヘバとなりながら体力の低下を感じて登るのでありました。

ついでにロッカー式のお墓なので

なにかしら味気なく、、お線香もあげてはいけない、、

生花もダメ、お供物もダメ。。という

何すりゃいいの?ってな風なお墓なので

ざっと掃除をするともうやることがない^^;

写真を見ながら、父は年取ってる。。と思ってたけど

段々お肌が若々しく思えてきて、、、、、

そう、、この写真の頃と自分はもう8歳しか離れてないんだーーー。と

感慨ひとしお。。でした。

もうすぐ行くでーーーー^^

毎度のことながら妹とどっちが先に行くか、、談義をしながら笑いあうのでありました。

(もちろん自分が先に行くと主張する二人^^;)

私のように子供のいない人間は

先細りの人生で、子孫に囲まれてワイワイと暮らすということはないからにして、

私が死んでも墓参りをする人はいない。。というのが基本になってるわけです。

これがどうこうということではないけど

やはり先細り感は否めないので

ひっそりと勝手に暮らすか。。という結論になるわけで^^。

ま、それでもいいんですけどねーーー。

そういう人も多くなってるんでしょうね~。

Img_2994_2