ホーム>工房日誌>アート・文化>週末
アート・文化

週末

あっという間に週末やの。

金曜日の夕方プールに行って一週間の仕事はおしまいだ。

最後の時間にプールなどに行くのはもったいないという気持ちが大なんだけど

どう考えてもその時間以外行く時がない。

ま、4時に行けば良いんだから一時間だけ損ってことで良いとするか^^。

昼間の安い料金に入ってるので日曜日とか祭日とか夜とか行けないんだわあ。

まったく巧みに出来ている^^。

三人官女の胴体がほぼ出来て、今日から頭部なんだけど

見本に逆借りしてる雛人形の底部分に木の脂分がでてきて

シミになってるのを持ち主さんが気にされてるので

底だけ塗り替えることにした。

大体の場合底には漆を塗ってるのだけど

たま~~に胡粉を塗ることがある。

今回の立ち雛はそのたま~~にの胡粉だったので白い所に脂の線が黒っぽくでてきて

汚い。

しかし、軟弱な胡粉も何年か経つとがっちりと固くなっていて

ちょっとやそっとじゃ削れやしない。

ついでに壊れやすい髪の毛だとか汚すとまずい白い顔だとかあるもんだから

どこかに置くわけにもいかず、中空で紙に巻いて持ちながら固い底を削るんだから

もう手はブルブル^^;

どうにか男女共削って漆を塗った。

最近漆を塗るのも周りの様子見で

今日はかぶれる人が来ないか^^、明日はどうだろう?などと

考えながら漆を出すので中々大変じゃん。

漆は一度塗ると取れないから

最後に塗るってことはあまりない。

最初に塗っておくと上から絵の具がついても濡れた布でふけば落ちるんだ。

今回のように修正する場合は出来上がったものの上に塗るから

はみ出さないか、、手に漆が付いててどこかを触ったりしてないか、

乾かす時に水を使うので水のシミが顔などにつかないか。。。と

異常に気使いする。。

とにかく自分が作ったものとは言え

一度売ってしまうとそちらの持ち物になるわけで

そこに愛情がプラスされるもんだから

自分で作ったものという気軽さでは接することができなくなっている。

ちょっとでも汚れたら大変だわ。

あれば見本として使ってしまうので

別の箱を用意してその中に薄紙で軽くくるんでおいて

本体には触れずに紙を出し入れして見るようにしている。

上から物が落ちてくるようなことがないように、、、

犬がなめたりしないように、、、、と

色々神経を使うわけだ。。

どうにか返却するまでは無事でいてくれよーーー^^。

Img_2191

これ、出来上がってから載せましたか?

良いと思う人には素晴らしく良く、興味のない人にはどうでもよい。。って言う風な

仕上がりになりましてん。

(ま、なんでもそうだけど。。。)

しかし、私としてはこういう彫りは久しぶりなので

短時間で出来たし、(長期間だと苦しい^^;)楽しめたのだけど

依頼主さまは最近音沙汰ないのでこのままお蔵入り??などと不安もあったりするのだ。

思い入れも多そうだからそんなことないよねーー????と

一応は思ってみるけど解りまへん。

もし引き取ってもらえなかったら

そのまま袋に入れてしまっちゃおう。。と思ってはいる。

使う気はしないし、捨てるのももったいないし、、

ストラップの方はかなり良い出来なんだけど(写真が今一巧く撮れない)

人のものを使うわけにもいかないしーーー。という中途半端なところなのだ。

うーーーん、忙しいので連絡遅れた。。。だけなら良いけど~~。

(欲しいものの時はあまりそういうことってないんですよね^^;)

さ、今日は頭三つ彫るぞ^^。(彫り上げるって意味ではない^^;)

立ち雛持ってきて頂いた翌日に

それを見た他の人から同じのが欲しい~~と言われた。

関西の人なので

持ち主さんと一生会うことはないので是非同じのを作って。。。ってことなんだけど

さあてどうしましょ。

一品限り。。という嬉しさってのがある。

どこかの誰かも同じのを持っていると思うとちょっとがっかりしたりするものだ。

世の中に一つなんだわーってのが喜びだったりするんだわあ。

そういう意味で考えちゃってるんだけど

ま、初めて見た人は一目でどこまでも同じかどうかは判断できないだろうから、

最初の持ち主さんが、私の方がず~~っと良い^^と満足してくれれば

すべて丸く収まるってものだ。

とかなんとか言っちゃって

要するに同じのが出来ないってことなんだけど^^;

10年かそれ以上か、昔に作った物を同じには出来ないよーーー。

絵の具だって同じ色があるかどうかも判らないし。。

どういう色を下に塗ったのかもわからないし。。。。

と行き当たりばったりでやってるんだから同じにはなりまへん。

悪しからずーー^^;

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/999

コメントする