ホーム>工房日誌>アート・文化>生徒さん作品、表札
アート・文化

生徒さん作品、表札

Img_1401

Wさん作、表札。

これは、生徒さんの山荘の入口につける表札だそうでやんす。

山の中のこととて、普通の表札のサイズだと小さすぎるので

この幅約30センチ、厚みも10cmほどのケヤキの木を彫りこんで

表札にしたものっす。

字だけだと味気ないので山風にフクロウを一羽つけてみましたが、

これが結構可愛い。

ケヤキの部分は当然堅いのですっごく苦労したと思うけど

叩きノミでザザザとした仕上げにしてるのでやりがいというか、

働いたなーー^^という気分にさせてくれる仕事だったと思う。

一転、フクロウのほうはヒノキなので柔らかいけど難航した。

巧く形がつかめないうちに持ちどころがないツルツル状態になってしまって、

どうにも安定しない^^;

一応フクロウをざっと仕上げてから

ケヤキに乗せてみて、微妙に表札の字を覗き込んでる風に

やや体に変化をつけてみた。

こっちだよ~~、、なんて風にしてみたのだけど^^。

とって付けたようにドボンと立ってるよりもしっくりして良いと思う。

 

外に出すものなので痛みがひどくなる可能性もあり、

こうやって美しく見れるのも一時かもしれないけど、、、

年に二度くらい雨よけのコーティングをすれば大分もつかなーー?と

思ったりしてる。

この複雑な字で本当にその家が見つかるのかどうか、疑問もあるけど、

中々工夫していろいろの意味合いをかけているそうな。

その点については口をはさんでいません^^;

是非行ってみたくなるような表札ってのも魅力ですねーー。

トナカイを彫っていて

とうとう角を考えなければならない時期になってきて・・・・

昨日決心して堅い木、、、あれは栗かなあ~、(何の木だか解からない。。)

で彫り始めたけど、すぐにあちこちと調子が悪くなってきて

こりゃあかん、、、、、、

具合悪くなるのを我慢して作り続けるべきか、、、

はたまた諦めて違う策を考えるか、、、、、

ということで今日は違う角を作ることにした^^。

あーーーーあ、、情けない。

この体の労りよう~~。

夜中からああでもない、こうでもない、と考えるのだけどどうもすっきりと良い策が見当たらない。

悩む~~~。

が、悩むと新しい世界が開けるので案外良いことがあるものだ。。

がんばってみるべえよ。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/952

コメントする