ホーム>工房日誌>2007年12月

2007年12月

ピアス

Img_1380_2

あはははははははは~^^^^^^^

以前に紹介したナメコ栽培のキット。

いやあ~、気持ち悪いほど成ってますな、、、

ナメコってのは小さい方が高いと思ったけど

家で作る場合、なかなか小さいものは収穫が惜しくてできないす。

すくすくと成長させてから食べるのでナメコなんだかヒラタケなんだか

分らない状態になるけど、、、

(ヌルヌルがだんだんなくなっていく~~)

ともあれ、モリモリと成長する図は嬉しい^^。

この前、三個先に出たのを食べた限りでは、別段美味しいということもなく

どちらかというと気味悪い、、、、という気持ちで食べたので味が判らなかった^^;

 

あろうことか、

こんなに簡単なナメコ栽培も

(袋を開けて水をはって、上に乗ってる白い菌を外して、毎日数回霧を吹くだけ)

間違えて、白い菌を取らずにかき回してしまったものがいるので

思うように成長しないのだった。。。。。(憮然)

ま、なにはともあれ、、霧吹き係としては

なんとか元を取るだけは収穫したいな~~と期待に胸弾ませているのだ。

 

おばさんは、(私)

急に思い立ってピアスの穴をあけることにした。

 

生徒さんの中にいつも可愛くピアスが揺れてる人がいて

それが見ていて気持ちが良い。

ついでに木のピアスをしてることが多いので

どんなピアスをしてくるのか、、楽しみでもある。

他にも木でブレスレットを作ってる人がいて、、、

木のアクセサリーは中々良いのだけど、

趣味の良いものを売ってない。

どうしてもコテコテしたバラの彫り物などになってたりして、

誰がするん?というデザインが多い。

が、漆や、木目を生かした作り方をすると、なかなかどっこい、趣味良くできるのだ。

私も20代の頃は自分のものも売り物も大分作ったのだけど

最近では今更飾っても美しくなるわけでもなしーーーー、、、

という気持ちでほとんど作らなくなった。

現在私はアクセサリーを全然しない。

ネックレスは肩が凝るし、指輪やブレスレットは仕事の邪魔になるし、

イヤリングは頭が痛くなるのだ。その上すぐに落とす。

穴をあけるなら、自分でピアスを作ろうとは思うけど

面倒くさくてすぐに挫折しそうなので、

とりあえず、木工展などに行くと片隅にピアスとケータイストラップは

小額売りの為に作ってあるので、そういうところで買う^^。

(秋に盛んにやる木工展はもう時期を逃したかも。。。)

自分で穴をあける道具ってのを売ってるのだけど

自分でやるのは難しそう~。

でもって、妹たちにやってもらうことにして、目をつぶってじっと待ったのだった。

今時のピアスの穴あけ器具は

穴をあけるだけではない。

穴を開けたと同時に、新しいピアスが刺さるのだ!

新しく開けた時はすぐにふさがるので、この防止の為に

一月間そのピアスを入れたままにする。。。ということだそうだ。

ふーーーむ。。。

ついでに棒が入ってるだけでは色気がないので

ダイヤみたいなものもくっついてる。。

ホチキスみたいな器具で一発でガチャンと押すと

一気にもうピアスがはまってる。。という具合なのだ。

それをあろうことか、、、、

間違えて裏返しに入れてくれたんだなーーーー。

だから裏側の蝶つがいが表にでて、ダイヤが裏に行ってるという状態なのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんでやねん。。。。

ま、一月の我慢じゃ。。

元旦には晴れて新しいピアスができるというものじゃ。。。

耳を見て裏返しですよ^^って言わないでくださいね^^;アハ^^;タラ~。

 

めずらしい鳥を見ると変にウキウキするのだけど

自宅近辺ではもうそんなに珍しいと思われる鳥にはお目にかかれない。

この間、海の方に自転車で行った時に

思わず乗り出して見てしまったのが、これ。。

Img_1274

これは海に近い川にいたガチョウ。

自然のものではないかとは思うけど、ガチョウをみたことがなかったので

鼻の辺りのコブが絵本と同じで妙に感動した。

Img_1283

こちらは、鵜。違う川でみたもの。

最近鵜は絵になる鳥なんだなーということをシミジミ感じている。

首の曲がり具合とか、嘴の先とか、全体のバランスが個性的でカッコ良い。

ここ数年は我が家の近くにも来てくれるのでジッと見てると

泳ぎはペンギンに良く似ている。

どちらも陸上の姿とは別人のように水の中では速い。

アヒルなどが水に潜ってプリプリってするのとは訳が違う。

今ここで潜ると一瞬にしてあっちの方~~で顔を出すという具合だ。

羽繕いや羽を干してる図もよい。

ペリカンを彫ってて嘴の先や足の感じが鵜に似てるなと思っていたら

分類では鵜はペリカン目となってるので似ててもおかしくないわけだ。

しかし、、、、

鳥を撮る時にはカメラが良くないといけないなあ~。全然大きく写らないや。。

最近うちのネコがあらぬ声であ「あ~~う~~~」と鳴くのだけど、、

我が家のネコは生れて一年くらいで去勢してるので

そういう声で鳴いたことはない。

今頃になってなぜか遠くの部屋に行くと鳴くのだ。

ややボケてるらしい。

これは雌猫を求めて、、、というのとは全然関係ない様子なんだけど

何を求めてるのかは良く分からない。

何のために鳴いてるのかも全然わからない。

が、遠くにいる時だけ鳴いて、近くでは鳴かない。

一応みっともないので声をかけるようにしてるのだけど、

小さな声で「龍之介~」って言うとピタッと止まる。

どこまで小さな声で聞こえるのか、、と思ってやってみるのだけど

呟いても聞こえてる!

これはすごい。

日頃から犬よりも猫の方が耳が良い(目も頭だけど^^)と思ったけど

どんだけ小さな音が聞こえるんだろう。

以前に住んでいたマンションで

ネコは必ず私が帰ってくる時に玄関に迎えにでていた。

ずっと待ってるわけもないので

いつ迎えに出てるのだろう。。ということになり、

妹が様子を見ていると、

私が一階のエレベーターに来た頃に迎えにでるようだ。と言う。

私は定期的に外に出るタイプではないので時間では決められない。

当時12階に住んでいたので

12階までエレベーターに乗って降りてからまた少し歩く。

それを一階で察知するんだからすっげ。。

犬程度の感覚なら私も同じくらい聞こえる。(自慢げ。。)

しかし、猫のこの察知度だと全然無理だ。

地震の時も人知れず、ひっそりと安全なところに避難してるのを知っている^^;

動物はすごい。

龍之介は偉い^^

スイミングクラブ

電車で2分の隣駅徒歩2分にスイミングクラブが出来たので入った。

スイミングクラブに入るのは初めてだったので

他のところがどんな具合かわからないのだけど、、、

お稽古の生徒さんで唯一徒歩圏に住んでられる80歳近くなられる方が

「私は行ってきたわよ~~。。」

と早々と先を越された^^ので私もモサモサと行ってきたのだった。

天然温泉があるのが自慢のようで

お風呂が充実してる~。

屋上に露天風呂があり^^、泳ぐのに飽きたらすぐに露天風呂。。という風になっている。

着替えをするロッカールームの隣にも温泉のお風呂がばっちりある。

新しくできたばっかりなのでどこもここもピカピカなんだけど

新しくないのが会員の皆さん^^;

なんとお年寄りの多いことよ~~~

ほとんど老人ホームかと思われるほどだ。。

ついでにおにぎりなんか持参されてて

おしゃれな施設とかあまり似合わない雰囲気だけど

皆さんは毎日来られてるらしい。。。フーーーム。。。

私なども水に入っていながら泳ぐということはせずに

ただ歩くだけなんだけど

歩いていると目は暇なので

周りをじろじろと観察しながら黙々と歩いてる。

おばさま方は外で見ると普通のおばさまだけど

水着に着替えるとおしゃれなんだ。

というか水着全般がやたらおしゃれなデザインになってるので

おばさん風のものを選びようがないのかもしれない。

大体が、(私もそうだけど、、、)下は黒の少し長めで腿くらいまであるスパッツ型で

上は賑やかな柄になってるタンクトップ型になっている。

中には大胆に背中が丸く開いたものだとか、なかなか奇抜なデザインのものもある。

そういうことを全然気にせずポコンと下腹を出して0脚で歩くというのが

全体の景色なのだ。(下腹に関しては私も例外ではないなーー^^)

私はごみ焼却場の市民プールしか行ったことがないのだけど、

そこではカーテンで仕切られた更衣室があったので

荷物を軽くする為に簡単なスポーツタオル一枚しか持って行かなかった。

今度のところはなぜか更衣室がない!

おばさんたちがロッカーの前で尻を出してる!!

えーーーーっ!?と思いながらうろうろと更衣室を探してみるけどない。

とすると小さなタオル一枚ではどにもならん。

なんとか身を小さくして苦労しながら着替えてみて

順路を進んでみると、着替え室はなくても化粧室はばっちりある。

鏡の前でイスに座ってドライヤーをあてて化粧をする場所はたくさん確保してある。

その次にいくとお風呂だ。

とすると、プールから出て帰ってくるとそのままお風呂に行くらしい。

屋上のお風呂は水着で入るのだけど

こちらのお風呂は裸で入るようだ。

水着も洗濯して脱水できるようになっている。

とすると、、、、、、

お風呂から出て服が置いてあるロッカーまでは途中化粧室があっても

裸なんだわ。。。

どうやらバスタオルでお風呂から出て化粧して服を着替えるらしい。

中には、堂々と裸で絨毯の上の長い距離を歩いてるおばさまもたくさんいる。

その見苦しさったらよーーーーー。

裸の女が見れる。。という世界からは程遠い。。。。うーーーー。

お風呂屋さんの脱衣場で裸になるのは特別変に思わないけど

ピカピカで明るい施設の中の長い廊下を裸で歩くのって

妙に不安定な気持ちになるように思うのだけど

皆さんは堂々と特別隠すものもないように歩いている。。

そんなものかいねえ、、、、、

というわけで、何をしに行ったのやら^^;

今度はお風呂に入れるように大きなバスタオルを忘れないようにしよう~っと。。

Img_1332

今度、彩色したクリスマスツリー。

色つけたらなにやら子供のおもちゃみたいになってしまった。

どういう風にして良いやら迷いながら薄めにつけてみたつもりが

濃いめに見えてしまう~という状態で多少ケバい?

小さなものなのでこのくらいに賑やかさでも良いっか。。。などとも思ったりする。

どんなもんざんしょ。。。。