ホーム>工房日誌>アート・文化>材木
アート・文化

材木

昨日材木やさんが来てくれたので

たーっぷりの材木になって

部屋の中はいっぱい^^

綺麗に並べていってくれた。(これは一部^^)

Img_1163

 

全部がうまく入りきれないようだったので

ついでに部屋の模様替えまでしてもらってしまった。。

私の部屋は重いものが多くて

一人で引きずっては動かせるのだけど

その下の絨毯まではとてもじゃないけど動かせない。

上に乗ってるものを全部移動させてから絨毯を動かさなければいけないので

さすがの私でもちょっと難しい。

ところが最近気軽に頼める人がいなくなった。

みな腰が痛いなどと言って弱気なのだ。

確かにあまりに重いものを持つと次の日くらいから長い間腰痛で悩む。

が、家具の移動は思い立つと我慢できない。

力がある材木やさんでよかった~^^。

家に帰ってから関係ないことまでやらされた。。と言って文句言ってるかもしれないけど

とりあえずは嫌な顔をしないでやってくれたのでありがたかった。

これでもっと沢山の材木が入っても大丈夫だよ~~ん。

今度はケヤキも少し入れてみた。

ケヤキが好きな人は多いけど

私は堅い木なので肩が痛くなるといけないので触らない。

けど、体力のある人なら

ケヤキの手ごたえは満足がいくと思う。

思いっきり働いた気分になりたい人はケヤキ!って注文してくださいね。。^^;

父は生まれは東京なんだけど、田舎は三重県で

三重県と言えば伊勢神宮と松坂牛と赤福なんだ。

小さい頃から赤福は毎年必ず食べていた。

美味しいとか美味しくないという以前の問題なのだ。

が、

今回の赤福事件で

なにやら妙にガッカリしたのだった。

物産展で赤福が山積みしてあるけども

売れてるのを見たことがない。

長いこと、赤福は本当に売れてるんだろうか?というのが私の疑問だった。

確かに三重に行けば赤福をお土産に買う。

自分が好きで自分のために買う人もいるんだろうか?

ハワイのマカデミアナッツのチョコレートみたいなもんだ。

要するに手頃なんだろうなあ。。

母は赤福と川崎大師の葛餅は、なにか怪しい、、と言って決して食べなかった。

ウーーーン、、、正解かも^^;

どこもここも怪しいことをしていて

簡単に騙される自分なんだけど、

まあ、何食っても当たらないってことかもしれない。

正直な商売している人っていないもんなんですかねえ。。。。

ガッカリさせてくれるよなあ~。(ブーツブツ)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/921

コメントする