ホーム>工房日誌>アート・文化>やっと
アート・文化

やっと

長いことやっていたコンパクト雛人形最終段階が

やっと塗りにはいった。

考えてみると長い歳月であったー。

今年ももう半年になるのだ。

この頃の仕事の遅さって言ったら・・・・・

半年も経ってまだ雛人形を続けてるなんて。。。。

人生の時間の尺度は

子どもの時と同じ感覚で計っていたらおかしいと思う。

大人、とくに年を取るごとに速くなっていくではないかいな。

子どもの時は一日が長かった。

私にとっては幼稚園が一番長かった。

幼稚園の夏休みの長さなんて

今の2年分くらいだった。

ここのところの一週間の速さよ。

これは充実してるから。ということではない。

ただ加速度的に人生が過ぎ去っていくだけのことではないかと思う。

母が亡くなって

時間ができるようになったら

なぜかあっちが痛いとか、こっちが具合が悪いとか思うようになった。

これは弛んでる証拠かな。

これにはまるとどうも病気になりそうでいけないような気がする。

ここで巻き返しをはかりたいと思うのだけど

鍼の先生が右の肩や腕を使いすぎだという。

あれまあ、、、、、

鍛えたらどうだろ。。と言ってみたら

鍛えるよりも休む方だろうと言う~。

ありゃよぉ~。

とにかく塗りになって良かった。力は要らないもんねーーーー。

庭もどきに4本しかない木をよーく見ると

アブラムシがいっぱい。

そのアブラムシを狙って、アリやら(これは共存)テントウムシが

いっぱい^^

とりあえず、アブラムシには牛乳よね。。

牛乳をスプレーするとアブラムシは死ぬんです^^;

人にも植物にも害がなくて、私も牛乳が好きじゃないので

もったいないと思わずにいくらでも植木にやれるんですわ。

Img_0770_1

バカチョンデジカメでこんなに美しくテントウムシが撮れるなんて~~~!

大きく伸ばすとややボケピンです。

Img_0772

これはテントウムシのさなぎなんだそうだ。へえ~~~。

Img_0773

自分でもびっくりするような巧く撮れた写真^^。綺麗なもんだな~~。

なんつーか、テントウムシが大きくなくて良かった^^;

大きければさぞかし気持ち悪いだろうなあ。デラデラピカピカだね。

ちなみにこんな風に違っていても

みなナナホシテントウなんだそうだ。

へえ~~。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/872

コメントする