ホーム>工房日誌>2007年5月

2007年5月

こどもの日だなァ。

休みも続いてくると暇だのお、、、

Img_0650

うちの唯一の庭もどき。。。

こうやって過ごすのも良いものだろうけど、

世間を知らないうちにしか出来ないわいねえ、、、、

植木と呼べるものは左側にちょっと見える木が4本のみ。

これでうちで沢山生まれたナメクジも出て来れまいで。

(甘いかな??)

手前のスイレン鉢の中にめだかとエビがいるのだけど

近くの川から、植物を抜いてここに植えようかと思案中なのだ。

ガマとか、パピルスhttp://yasashi.info/shi_00012.htmとか

畳を作るイグサに似たフトイhttp://www.mizunomori.jp/zukan/suisei/a020.htmlなどが生えていてなんとなく面白そうに思える。

このスイレン鉢は20年以上前に鎌倉で買ってきたものなのだけど

いろんなものを植えたなあ~~。

私は水から植物が生えてるってのが好きで

 

菖蒲を植えてた時もあったし、

鎌倉の八幡宮の蓮池から種を取ってきて、蓮を植えたこともあった。

結局花は咲かなかったけど、葉は見事だったし、レンコンも出来ていた^^。

ガマを一面に植えていたときもあって、

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/gama.html

ガマの穂は可愛いのだけど

その後爆発して綿だらけになって大変であった。

金魚や鯉も好きなんだけど

これを飼うと野良猫の心配もでてくるし、

ポコポコと音がうるさい循環器みたいのを設置しなければいけないので

かなり面倒くさくなる。

その点、ボウフラ対策にめだかが一番楽でよい。

よく見てると、こんな小さな水槽でもすぐにトンボの子どものヤゴなどが

動き回るようになるのだ。

トンボが我が家から生まれたと思うと嬉しい~。

今は私の趣味ではない単純な睡蓮の鉢を水に沈ませているけど

どうせやるなら、もっと変わった水性の植物が良いなあ。。。

正月料理に入ってるクワイ

なども可愛いものだ。

コウホネhttp://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/kouhone.htmlなどはどうだろう。

などと幅が広がる。

どちらにしても最近では狭いということが良いように思うようになった。

広い土地だと雑草とか野良猫、虫との闘いで

時間を大分取られてしまう。

時間のある人は良いけど

働かなければならない人には狭いのが一番^^;

狭い庭で良かった~(負け惜しみっぽい~?)

 

連休

ぼわっと連休だ。

巧いこと休みの日は天気もよい。

我が家では外にある大きなスイレン鉢にめだかとエビを買ってきた。

エビというと、瞬間イセエビなどを想像して、エッ!と思うけど

ヤマトヌマエビとかやらで、汚い小さなエビだ。

エビという豪華な名前よりは、

泳いでる姿はほとんどフナムシみたいな感じだ。

気味よくない。

ついでに5匹いるはずだけど、何日経っても姿を見ない。

死んでるのかと思えばそうでもなくて

タマに顔だけ見えたりするので、いるんだなと思う。

エビの餌をスーパーに買いに行ったのになかった。

帰ってきてネットで調べてみたら、藻などを食べて水槽を掃除してくれるのだそうだ。

そういう意味で便利な存在だそうだけど

新しく水をはった水槽では藻などはないので

苦労して川からコケを取ってきた。

コケと藻とは違うのだけど、緑のモヨモヨってことで同じお味ではないかと

勝手に思っている。

めだかは今回は黒めだかだ。

なんと、めだかに黒めだか、赤めだか、白めだかとあるのだった。

昔そこらの川などにいたのは黒めだかだけど、

そのうちに赤めだかという買ってくるめだかができて

喜んで買ってきたものの、

今では価値もなく、ごく丈夫で増えやすいものだったけど

白めだかは知らない。

初めて聞く名前だった。

でも郷愁から黒めだかにしてみたのだけど、

鉢の中では鉢の色と土の色とめだかの色とエビの色とが

ほとんど一緒なので何も面白いことはないのだった。

ついでに慣れてないめだかの人間を見たときの逃げようったら。。。。。

右往左往して逃げてしまってがっかりだ。

根気よく餌をやって人間を見てもうろたえないようにしなければいけない。

 

GWの楽しみは植木とペットだ。

今日もついついペット売り場を見て

インコもいいなあ~~と思ってしまった。

私はインコの雛を見るとどうも欲しくなっていけない。

3時間おきに温めた餌をスプーンで喉に入れてやる。。というのが

好きなのだ。

こうやって育てて段々毛が生えてくる過程が面白い。

大切に育てると良くなれて可愛いのだ。

けど、四六時中家にいる私にとっては、年中くっついて遊んで欲しいインコは

そのうち面倒になってきて、

段々疎遠になってしまう~。

可愛いんだけどなあ~~~。

まあ、ネコがいるうちはインコはダメでしょう。

いなくなったらまた飼おう。

今日はとりあえず、時期を考えて柏餅であった。

柏餅の味噌は嫌いじゃ。

お菓子の味噌味はおかしい。

味噌味といえば、花びら餅も気持ち悪い。

お菓子なのに、味噌アンとゴボウなんておかしすぎる。

柏餅も最近では中の餅が丸いのが多くなった。

これも変だ。

柏餅はカスタネットみたいな形をしてなければいけない。

http://www.ginza.jp/tokushu/vol-137/

葉も茶色が良い。

一時、青い葉が流行った時があったけど

あれはやはり茶色のほうが香りも良くてしっくりするように思う。

草餅くらいは許せる。

年中食べたいものではないけど

こどもの日に特別関係ない私でも柏餅くらい食べて

どこかの鯉のぼりが元気に泳いでるのを見て

子どもの日だなあ。。などと思いたいものなのだ。

明日は花屋参りだ。

この時期は土といそしむのが一番楽しい。

どんな変わったものがあるか、色々な花屋さんを覗くのが嬉しい。