ホーム>工房日誌>アート・文化>富士山
アート・文化

富士山

今日は富士山はすばらしかった。

Img_0568

電線が邪魔だあ~~。

もう少し上の方に行くと公園があって

そこから見る富士山は絶景なのだ。

何も邪魔してないし、丹沢までばっちり綺麗。

特に夕方はその富士山に夕日が落ちるという

なんともいえない景色。

ついつい写真に撮りたい~~などと思ってしまうのだけど

かなりの腕前でないと富士山は本物より綺麗には撮れない。

というか、全然ひどいものなのだ。

なんというか雄大な雰囲気が出ないのだ。。

写真家はすごいもんだなあ~~。

昔はトイレなんかに必ず富士山の写真のカレンダーなどが

下がっていて、

それを見ながら用を足す、、という形が多かったように思うけど

青い空に白い雪の積もった富士山は定番だった。

ダサいな~~と思って見るのも嫌だったけど

あれほどの写真は撮れないんだなあ~~と

最近はシミジミ思う。

実際にあの写真のような富士山を見るとすばらしいのに

なんで写真だとダサいんだろう。

これは永遠の不思議だし、謎だ。

そろそろ引越しをするにあたって

窓ガラスを始めて拭いてみるか、、、とか

草を抜いてみようかとか、

換気扇を洗ってみるか、、とか

色々初めて尽くしをやってみようと計画してたのに

不動産やさん曰く、

何も掃除しないででてください。。という~。

プロの掃除やさんの料金が最初から取られてるので(7万円!)

なにもする必要はないという。

飛ぶ鳥あとを濁さず、、というけれど

充分に濁して行ってください。というお言葉だった。

ありゃよ。。

そうなると妙に拍子抜けしてしまって、

汚いガラス戸をみてもそのまんま。

草が生えてきても、これまた見て見ぬ振り、、、

ということになってしまった。

けど、傷めてはいけないのだ。

傷をつけたり、汚したりしてはいけないけど

最後の掃除はしなくてよいってことなのだ。

これは性格的に難しいよ。

毎日綺麗にする人は、最後も綺麗にしてしまう~。

最後が汚い人は毎日汚い^^;ってこと多いもんね~~。

結局前の日まで掃除をして

その日だけするのをやめるべか、、と思ってるのだ。。

プロの掃除屋さんを入れないと

次に移れない、、という便利なような不便な世の中なのだ。

Img_0525_1

借家の階段で尻尾で釣りをするネコ^^

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/835

コメントする