ホーム>工房日誌>2006年12月

2006年12月

来年の手帳

今年はまだ来年の手帳を買ってない。

いつもは10月になるとすぐに買うのにィ~。

私はいつも能率手帳

http://bt.jmam.co.jp/shop/ProductDetail.do;jsessionid=7C8AA3469C585F575609119DA7742DF0?pid=2007-1111

てのを買ってる。

もうこれは30年くらい買い続けている。

最初の頃は500円くらいだったかなあ~。

今は900円ちょっとになったのよね。

最初のきっかけは、

当時勤めていたところの社長から

返したはずの本を返せと言われたことからだった。

返した覚えはあるのだけど何日に返したと言えなかったので

手帳を付けよう。。と思い立ったのだった。

この手帳は結構すぐに売れてしまうので

早めに買わないと売り切れてる場合が多い。

サイズをあわせたいとか赤いのが欲しいとか思うとかなり急いで買うのだ。

今年は探さないともうないかもしれない。

こうやって、手帳は30冊、

二冊目の10年日記も書いてるので段々増えてきた。

が、

案外振り返って読むことがないのだ。

沢村貞子の昔の文章に、

ノートで作った日記に

献立などを書いて、去年の今頃は何を食べたかな。。。などと

見返して今晩のおかずを考える。。

なんて文章があったけど、

そういうのも踏まえて書いてるつもりなのに何の役にも立ってない。

昼ごはん 麺、夕ご飯、鍋。

としか書いてないもん。。

特別吟味して料理してるわけでもないので

書くほどのことがないわけだ。

ついでに私は過去の文章を見て懐かしいとか、楽しく見るってことがないことが

解った。

過去は振り返りたくないし、思い出したくもないのだ。

汚い字で書いてるところが敗因かもしれない。

後で読んでもらう(自分でも)には綺麗に書かねばいけない。

要するに、読めないんだな~~、汚くて。

そんなわけで、とうとう束にして手帳は捨ててしまったョ。

ついでに前の10年日記も捨てちゃった。

な~~んだ、、、それなら書かなければ良いじゃん。。というほど

意味ないものだった^^;

父が亡くなった時に沢山の写真が出てきて閉口した。

じいさんの寄り合いの写真なんて見ても面白くもおかしくもない。

その場でほとんど99.8%くらい捨ててしまった。純度が高いなあ~。

写真とか日記とか、そういうものって本人の楽しみ以外ないのよねー。

そういえば、母もこの間の引越しの時にものすごい量の日記があったなあ~。

生きてる手前、捨てちゃうのは悪いと思って束ねたけど

その数と言ったら、、、、、、ゲンナリ。。。

よく文通をした手紙を大事に取って置く人もいる。

さすが、大正時代とか昭和初期のものだと興味深いものがあって楽しい。

古いといってもそこそこ20年とかだと何の意味もないんだわあ、、、

やはり50年以上経たないといけないのだ。

50年経つには20年を経ないと無理だわね。。。

大切にしてた美術本も今回姪が売りに行ってくれたのだけど

あんなに重くて、、沢山あったのに380円の売り上げになっただけだった!

帰りにラーメンに化けてしまったそうな。

あちょ~~~~。

私は何も残さないぞ。

飛ぶ鳥跡を濁さず。だ。

といっても、急に手帳をやめるってのも寂しいので

とりあえずは、買いに走らないといけない。

Img_0194

散歩の途中で可愛いレモンがなっていた。。

富士山

Img_0197

久々に富士山が見えた。

富士山が見えるというのは結構大変なことであることがわかった。

中々お出ましになられないのだった。。

たま~にお姿が見えると感激も新たなのだ。

雪部分もなんとなく分厚くなって、下の方にも降りてきたのが良く解る。

それにしても電線は邪魔だなあ~。(ないと困ることは困るんだけど。。)

ここのところ、よく新聞の読者の欄のところに

出てくる話題だけど、

年賀状のやりとり。。。ということについてシミジミとした気分にさせられることがある。

今日のは、優しくしてくれた小学校の先生の50年前の葉書のことだった。

この前は、書道の先生が、毎年年賀状をくれたんだけど

段々年をとってきて字がよろよろとしてきて、そのうちに来なくなった。。と

いうような話が書いてあった。

年賀状は一回だけだとどうってことないのだけど

なが~く続くと、人生を垣間見ることができる。

突然に住所が変わったりして、そのことを通知されてなかったりすると

何か良くないことがあって引越しせざるを得ない状態なんじゃないか、、とか

ま、どちらかというと悪い方にとりやすいものだ。

よい方になる時は大体の場合、きらびやかに宣伝するもんだしね。

自分でもそうなんだけど

字にも人生と同じようなピークがあって

ある年頃からよよけてくる。

文章が真っ直ぐにかけないとか、字の線がよろよろするとか、、

そんなのを見ると、

ああ年取ったんだなあ~と思ってしまうが、

最近の私はすでにそうである。。

パソコンばかりやってるのでとうとう字が下手になった。

ついでに漢字はほとんど忘れてるので

手書きする時もパソコンをつけて字を変換してみながら

書かないと書けないのだ。

ならメールでよいじゃん。。。というくらい書けない。

私は小さい頃から文章力は弱くて

絵のほうが強かったので、絵日記は好きだった。

今でもなるべくなら絵で誤魔化したい性格なので

文章の長い手紙よりは葉書の方が良い。

が、絵が良いと保存してくれる人が多いので結構これは心の重荷にもなっている。

保存されてもおかしくないような葉書を出さねばいけないという

見栄がでるのだ。

そんなこんなで気軽には書けなくなってきた。

それが更に怪しい文章になる元である。

こうやって、受け取った人からみると

ああ、、わきたもとうとう年取ったね。。。というお正月の話題になって

しまうのだろう。。

ピークは過ぎた私。。。。。しょぼ。。。

 

キャラクター製作

一昨日だったか某テレビ局の番組から

キャラクターのよわむしくん、、というのを彫ってくれないかという電話がきた。

Photo

これがよわむしくんだそうだ。

たんま~~にこういう依頼がくるのだけど

巧く話しがまとまったことがない^^;

今回は二個しか作らなくて良いというので

これは良かったのだけど

一個はテレビ局まできて4時間拘束で作るんだそうだ。。

あちゃ。。。

こういうのはダメじゃん。。。

うちに来てくれるなら良いんだけど^^(甘い、、、)

てなわけで断ってしまったけど

そうしたら、今度はこういのを作れそうな人を紹介して欲しい。ってことだった。

おお~~、、

いそうでいなそうで、、、、

いそうだと思ったので、はい。。なんて返事をしてしまったけど

考えてみると、毛虫を彫れそうな人が見当たらない。

さて困った。

誰か毛虫が彫れて、スタジオまで行って彫りたい人はいないだろうか。。

ついでにいうと

お正月番組だそうで、

材料費あり、出演費はほとんどなし。。という

あまりよい仕事じゃないっす。

大体コマーシャルなんかの仕事は結構厳しくて

大抵の場合、期日がものすごく短い。

縫いぐるみで出来るのと同じくらいの速度で

頼まれるので、とてもじゃないけど、出来そうもない場合が多い。

面白そうだなーと思うこともあるのだけど

結局材料費とか期日で大抵はダメになる。

というほどそんな話があるわけではないけど

ちょっとやってみたいなと思っても中々巧くいかないっす。

さて、毛虫はどうしようか。。

誰か作ってくれる人がいませんか。。。?

ネコP

夜 病院から帰ってくると

イヌネコの大胆なお出迎えがあるのだけど、

一昨日はネコの姿はなかった。

龍之介の場合、お出迎えにでないことはあまりなく

こういう場合はトイレ中か、食事中くらいしかない。

キッチンを見に行ってみると

案の定、食事中だ。

それも食器棚から犬の餌の箱を出して、ビニールを破いて食事をしとる。。

ポチリポチリと食べてる所をみると、もうかなり食べたらしい。

意地汚いネコだ。(憮然、、、)

その後顔を合わせないように二階に行ってしまい、

その晩は二度と^^;下には下りてこなかった。

その次の日は、当然といえば当然。

P--------というすごい音。。

バカヤローーー!

いい年をして人のものまで食うな~~。

というわけで、只今断食中。^^

(いつも意地汚く人のものを盗って食べた時は一日断食で治るのだ。)

ちなみに過去にチーズケーキ二人前とか、

大きな中華菓子一個とか、

コロッケ一個とか、、

結構頑張ってるね。。。。ムッ。。。。

数日前、分厚いA4判の封書がきて

あまり開けたくない内容だったのでそのままにしておいた。

けど、処分するには開けないといけないかと思って

一応開けてから捨てべーーか、、ということで開けてみると

中から

Img_0176_1

こんな可愛いチョコレートが出てきた。

クリスマスだなあ~~。

なんとなくポッとほのぼのとした気分になって

すぐにチョコレートを食ってしまった。。(飼い主飼い猫ともに意地汚い。。。)

その後の肝心の書類には目を通してはいない。。トーゼンか、、、

最近  夜道を通るので

イルミネーションが綺麗なお宅を見れて嬉しい。

昼間、せっせと庭木に飾ってる家もあって

夜になるのを楽しみにしてたんだけど、

いつまで経っても点灯してくれない家もある。

時間制限があるのか、縁起の良い日を選んでいるのか、、、

早く点灯してくれ~~。

家の近くにくると、ナイアガラの滝みたいなイルミネーションのお宅がある。

これがあまり見たことがない美しさで見とれてしまう。

淡い色調の長さの違うものが広い幅にずっと下がっていてウワ~~って思ってみちゃう。

丁度信号のところなので赤だとよいな。。。などと帰り道を急ぎながらも

思ってしまう。

冬の夜道は、こんなイルミネーションとか、

シチューの香り、、なんてのに癒されるもんだな~。(^^;これまた意地汚い、、)