ホーム>工房日誌>2006年8月

2006年8月

梅干し

土用ということで

梅干を干すことにした。

天気が重要な問題なので、雨が降らなそうな日を選ばないといけない。

 

ここ数日は大丈夫だな~と思い、出してみた。

 

Dscn2432_1

●●

間r

 

まだ梅の色が残っていて綺麗だ。

今年は梅の量が多かったので、この梅干専用ザルに並べても

重なってしまった。

けど、面倒なのでそのまま重ねて日干しにする。

日が強いので重なってたってカラカラに乾くのだ。

最近かなりズボラになってきているのだ。

途中何回か裏返したりするのだけど、

それもかなり暑い仕事で、部屋の中から腕だけ出して

昼間一回だけ、天地した。

次は夜にやるというかなりの手抜き。。

昔はせっせと裏返しをしてたのにな~~。

三日三晩干すと言われるのだけど

昼間は解るのだけど、晩はそのまま干すのか、はたまた液に戻すのか、

干したまま家に入れるのか、または軒下に入れるのか、、と

色々ある。

私は今年は思い切って、外に出したままにした。

夜干しと言って、夜露に当てるのが良いというのだけど

夜露は雨が降ったのとあまり違わないのだ。

綺麗にしっとりと濡れている。

あちゃ~~雨降ったんだあ、、、、と思っても露だったらしい。良かった^^;

そんなこんなで三日目。

Dscn2435

 

すっかり梅干じゃん。。

シワシワ具合もとても良く、高級梅干っぽいよ。すばらしい。。。

 

三日三晩ということは、

三泊二日とは違うよね。。

三泊三日なんてないもんね~~~。

普通、朝とか昼から干し始めるので、夜から出す人はあまりいないと思う。

しかし、三日三晩というと、夜を迎えて、ビショビショのまま

朝、液に戻すということで、腐りやすそうな感じがするんだけど。。。。

などと屁理屈を考えながら

三泊二日の線でいった。

夕方カリカリに干からびた状態で液に戻ってもらって終了。

これで数年分の梅干は確保できたのだったー。

 

普通、赤い紫蘇を入れるんだけど

我が家ではそれが嫌いな人がいるので、白いままです。

梅の木に肥料をやって、実が成って、収穫して塩漬けして

干して、梅干になる。

それを入れたおにぎりは美味しい~~んだよーー。

しみじみとした味がするんだわ~~い。

 

イルカ

お稽古をやってると色々な人がいるんだな~とつくづく思う。

特に我が家は個性尊重型なので

あまり普通の人は来ないのだ。。

それぞれがまったく自分を曲げないでやっていく姿は面白い。

 

Dscn2433

これは、今度新しく見えた人の作品なんだけど

とてつもなく巧いのでおったまげてしまったのだった。

元々器用な方で、木工はなんでもできるのだそうだけど

彫刻だけは初めてなんだって。

このイルカは、ネットからこういう作品の画像を持ってきて

作ってるので、、著作権の侵害かもしれないけど、

ま、自分の家に飾るものとしてお許しいただきたいっす。。

しかしまあ、これを、、我が家に来て2回で仕上げてしまった。。

最初の日にのこぎりでほとんどの形に仕上げてしまったのだった。

ギョーーーっ!という感じだったわあ~。

 

仕上げの磨きが今一だったので、徹底的に出来るかな?と思って

赤い鉛筆でしるしを沢山つけておいたら

この通り、もうピッカピカ。

ついでにユザワヤで買ったという人形の目と言うのを入れて

もう買ってきたものみたいになったのだ。。

いやはや、世の中にはすごい人がいたもんだ。。

こうやってみると、私などは、鈍だな~~。

自分のものにするのに何十年かかってるか。。。。

ついでに皆さんは、物事についての考えや方針があるのだ。

私はそんなものなかった。

言われるままにやってきたように思うのだ。

私はそれは自分の主義とは違うのでしません。。とは言えなかった。

大体が、自分のどこが欠点か、、なんてことも解らなったし、まだ解ってない。

そういうことが、はっきり客観的に見ることが出来る人ってすごいし、

発展性があるんだと思う。

大体、自分の悪い所が解れば直すのは簡単だもんね。。

自分の悪い所が気がつかないというか、見えないのが普通なはずなんだけど。。。。

 

涼しい毎日

数日涼しいです。

寒いくらいと言ってもよいくらい。

昨日は横浜の花火大会でしたが、こう寒いと花火も盛り上がりまへんな。

とは言っても、若い人には気温は関係なく、

浴衣がほとんど、、と新聞にでてました。

一年に一回でも着物を着る機会があるということは日本人にとっては

とても良いこと~~。。

Dscn2428 Dscn2427

夏らしい、ハイビスカスの柄。。。

燃えるな~~。

今回、ネットで購入したハラマキだす。

夏はおなかが冷えるのですが、色気のないハラマキをしてる場合ではないので

色気のあるほとんどTシャツを着てる感覚のハラマキなんです。

タオル地で伸縮もあって中々○。

誰かに狙われそうな嫌な予感もしまっす。

下着として隠しておくのはもったいないので

なるべく下にずらして、Tシャツから出していますが、

今のところ、誰も気付かない~~^^;

赤白の日本的な色彩で、もう一つ。

Dscn2425

ややボケ。。

だけど、綺麗~。

茶花に喜ばれる、宗旦ムクゲ。

ムクゲは夏の花として方々に咲いているけど

この日の丸を思わせる配色のムクゲが

品格が高いな~~。

なんとも美しいっす。

洋花のような和花のような、、、、

ハイビスカス系統は、ハワイと思ってしまうけど、

昔から中国やら日本にもあるのだわ~。

仏桑華とか、法曹華などと言って仏像の周りにも唐草文様として彫ってあるもんね。。。

芙蓉や上のムクゲなども結構昔から日本にあるみたい。

元は中国だと思いますが。。。。。