ホーム>工房日誌>アート・文化>プランタリウム
アート・文化

プランタリウム

姪がおばあちゃんの誕生日プレゼントにくれた試験管植物、、、みたいなもの。
Dscn2202_3
下のオレンジ色のところが秘密のものらしいのだけど
ゼリー状になっている。
そこに種を焼き鳥の串みたいので突っ込んで
後は蓋をして菌が入らないようにしておくと植物の芽がでてくるんだって。



一週間後。へへ^^、、、出てきた。。
大きくなったらどうするんだー?という疑問もあるけど
とりあえず、楽しい。

これはマリーゴールドなんだけど
こんな棒みたいな種から、根が出て、芽が出てくる様子が土の中と違って手に取るように見えるので面白い。
根の先端なんて、ちょっと色が違ってて
これから硬い所を開拓して進むぞーという意思みたいなものを感じてしまう。

ある程度大きくなると
また焼き鳥の串みたいなもので
巧くほじくって、土に植えるんだそうだけど、
どうやってこの細い管から
竹串で苗をほじくって出せるんだよーー、、と聞きたい^^;
ガラスを割るのが一番はやいかな。。

Dscn2225_1

昨日、調整してもらった自分の研磨機で熱心に刀を研いでみたのだけど
この間借りていた
レコード盤がまわるような水平の形の研磨機の方が
私の持ってる、縦型に向こう側に回転するものよりずっと使いやすいのが解った。
貸してくれた人もそう言っていたんだけど。。。

特に裏を研ぐ時がやりにくい。
裏は研がなくても良いとも言われたけど
人がやってるのをみると、やはり裏も研いでいる。
しかし、中々水平にあたらないような気がする。

レコード型の方は包丁も研げた。
私のは全然そんな刃が入る余地がない。

しまったものを買ってしまったかなあ~。

しかし買ってしまったのだから
巧く使えるようになるまで頑張ろうと思う。

せっせと人のを研いで研究してみよう。。。^^
巧くなったら自分のを研ごう~ってか、、性格わる~~っ!、

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/703

コメントする