動物食事

昨日の夜8時ごろ、一人でぷらぷらと散歩に出た。

桜がそろそろ見頃だ。

いつもは提灯などが下がる桜並木も今年は何もなし。

しかし、それでも全然見えない訳じゃない。

暗がりでモワッと桜の花の玉が覆いかぶさるように見えるのも中々良い。

桜は見るもので呑むものじゃないと私は思ってるんだけど

世の中一般では呑むものなのかなあ。。

普通に歩いて桜を愛でても充分に楽しいと思うんだけど違うんかなあ。。。^^

いつも読んでるブログで「ばーさんがじーさんに 作る食卓」ってのがあるんですけど

この奥さん(すなわちばーさんのこと)が骨折されて入院中なので

暫くはブログがお休みと思ってたらご主人がマンガでブログを書いてるんだけど

それが中々面白い^^

マンガはそういう関係のお仕事だったようでやたらお上手。

奥さんのいないどたばた空気が良く分かって面白いと言っちゃいけないけどほのぼの。

ワンちゃんたちも奥さんになついてるのでそういう人が入院すると大変です。

うちも動物が多くなって

皆の食事を一日3回にすることに決めましたっ。

ミロちゃんとルルちゃんは食べたい時に食べるというグウタラな生活を送ってたので

丁度良かったです。

ミロちゃんに餌をやってると他のものたちがものすごーく羨ましそうに見入るので

なんとも申し訳ない気持ちになり、、、^^;

またトラちゃんも小さいから食べないのかと思えば小さいから逆にモリモリ食べるので

いっぱいやりたいところだけどあまり食べさせると巨大化するので要注意。

しかし食べたいものは食べたい。

哀しい声でミロちゃんが食べてるのを見て鳴くのだ~。

ああ、哀し。

というわけで皆揃って朝6時、昼12時(軽く^^;)午後5時の三回にして

夜中やたら食べたがるミロちゃんは部屋に入れてあげない。という仕打ちをして

すっかり大人しくなりました^^

辛いねえ・・・^^

Img_6339_2

おかしなもので

本の写真をジーッと見ながら彫っていて

段々似てきてると思うのに

すでに自分の彫る顔じゃん。。

Img_6343

実物はもっとサラリと凛としてるんだけど

私のはちょいと甘ったるいというか

子供顔だし、多少ニヤけてる。

Img_6344

Tさんの宝石を嵌める飾りものの

オマケです。

なんでもこの宝石は

小さな経典などを入れるんだそうです。

一番下が平なところにちょっと立ち上がりがあって上のほとんどが蓋です。

紐をつけて首とか腰とかに

ぶる下げられるようになってるみたいです。

そんなことは良いんですが、

それをこのお風呂みたいな形のものに嵌めて壁掛けにするということで

横幅10センチちょっとのものです。

良くなるかそうでもないかは微妙ですけど

宝石が豪華だから良しとする。。ってなところですかね。(なんで風呂風になったのか^^;)

Img_6346

こちらも同じくTさんの

前回龍と幾何学の柄のシリーズ

第3段です。

バラかケシみたいな花です。

良い図案ですが、

空白の場所が少ないので

中々苦しいと思います。

絵と彫りとは少し違うので絵の部分を少し小さめにして空白を多くすると

見ててもホッとするものになるんですが、出来てる絵を部分的につめるのは難しいすね。

Img_6345

ちゃっかりトラ。

Mさんはやたら動物に好かれるタイプの人で

こうやってゴロニャンと言われると

優しくしてあげるから

つけ上がって

こういう状態になって

Mさんはとても彫りづらい^^;

Img_6347

後ろ足の後ろ側になびく毛。

ちょっとすっきり感があって

他の毛とはまた違ってて

面白いです。

Img_6350

タマには顔も^^

ほほ、良い感じ。

キャバリアなので

もう少し目玉とか鼻の辺りを

がっしりさせても良いと思うので

そのうち変わると思います^^

Img_6351

てなことでお稽古も終わり、

また少し仕事をして、、

首をせっかく曲げたのにまた元に戻ってきてしまって^^;

髪飾りの部分を彫ってみましたが、

ちょっと数が多かったかな?本物とはちゃう~。

本物とちゃうっても良いんですけど

お楽しみとして本物と同じように彫ってみたいと思ったんですけど

似てないやい^^;


にほんブログ村

ありがとうございます。

動物とか人形とか仏像とか作ります。お気軽にご相談ください。→ wakita@kibori.biz