12月1日

12月になりました^^;

あっという間の一年でございますね。

先日転んだ時の膝が痛ぅございます(泣)

そういう話題になりましたら、

若い子が転ぶとすぐに周りの人が助けてくれるけど

年取ってると誰も助けてくれなくて遠巻きに見てるだけ。。という意見がありまして、

なるほど~。

私は遠巻きに見てるだけ。の部類であることが判明しました。

そういえば、姪が駅の階段から落ちた時は5人の人が助けてくれたと言ってましたっけ。

フーム。。。

悲しいかな^^;

痛っ^^(師走の心と膝の痛み^^;)

Img_4926

生徒さんのご主人の須飼秀和さんという

画家さんの個展が

銀座のギャラリーゴトウ(03-6410-8881)

銀座中央通りビル7Fで

12月5日から18日までありますので

銀座の方面にいらっしゃる方は

是非お立ち寄りになってくださいませ^^。

ほのぼのとした絵です。

Img_4929

そろそろ出来上がるHさんの

少女像です。

今回ふと憂鬱な顔になってるような気がしました。

聞いてみると

やはりご自分の心が反映してるようだと

おっしゃるので

そのうち普通の気持ちになった時に

また雰囲気を改めることにしました。

こういうところは恐ろしいですねえ。

そういう気持ちの問題もありますが、

他にすぐに油断すると年増になっちゃうことも

ヤバいです。

自分の体同様、彫りものも二の腕とか腰回りなどが

少女と言いながらも中年になったりしますので気をつけねば^^;

Img_4930_2

こちらも大分出来上がってきた

Sさんの仏像です。

顔をさて置いちゃって

衣などを彫ったりしています^^

なるべく全体を万遍なく進行させるのが良いですよね。

前にも書きましたが

足元の衣の丈が短いと

省略してるような簡単さに感じるんですが、

実際は足がくるぶしから出てる方が

彫りにくいですよお。

足の外側、足と足の間が彫りにくい~^^

Img_4931

Uさんの女の子の頭に

ポニーテールが付きました。

その形がカシューナッツとか、勾玉などと

言われてますが、

取りあえずくっついたので良かったです。

接着するころ合いが案外難しい。

髪の内側は接着される前に彫らないと

くっつけてからでは彫れませんし、

外側は接着してからの方が彫りやすいです。

小さなものなので彫りにくいっすね。

Img_4932

久々のIさんの花の額です。

重いので持って来られるのが

大変ですから

軽くなるまで

お宅で頑張って彫られてました。

額としてはやや厚みがあったので

思いっきり彫り込める百合にしています。

やはり深さが何センチかあると豪華ですねえ^^

見事なものになりそうで

出来上がりが楽しみです。

Img_4921

わたくしめが毎日少しづつ磨いています

お骨入れですが、

今日も心を静めて念入りに磨きました^^

心を静めないで磨くと

思いがけず滑って

爪先が木にぶつかることがあるんですが、

こういう押し傷は案外取れにくいです。

バカ力で磨かないように静めてます^^。

なんとなくバフ磨きみたいで抵抗感があるのですが、

全部が均一にギラギラにならないようにしたいと思ってるのですが、

全部ギラギラが良いみたいなので、、、、どうしよ。。。?

Img_4920

モタモタしてるとこちらも

磨きの時期に入ってしまいまする~。

そろそろ動きのない画像が続きます^^;


にほんブログ村

ありがとうございます。