8月5日

今日は今週の暑さのピークだそうで

明日は少し涼しいんだそうで期待しちゃいます。

ここのところ、頭や肩が痛くてやや辛かったんですが、

エアコンを止めたらなんとカラリと治ったではないですか^^;

窓を全開にして風を入れてみるとやはり8月の風です、7月のとはちょっと違うような気ィがするのです。。

夕方歩いててもボワっと生温かい風が吹くんじゃなく

ちょっと冷たく感じるような風が通り抜けてるんです~。

今日はついでに空が綺麗でした。

ササッとハケで描いたような白い雲に夕焼けが映えて美しかった。

そこに一面、蝙蝠の舞いです^^

中学生の二人が歩いていて

あれは蝙蝠なんだよ。という一人に

もう一人がウソだ~。と言ってました。

蝙蝠というと洞窟とか山奥のジメッとしたほら穴にいそうですけど

うちの近所の蝙蝠たちはもうものすごい数です。

私は蝙蝠というと吸血大蝙蝠を思うんですが、

近所のはとっても小さくて測ってはいませんけど、多分羽を開いて10センチくらいな感じです。

なにせ飛ぶのが速くて全体図を中々見れないんですけど

確実に蝙蝠です^^

なんとなく不思議で多少気味悪くて楽しいです。

今日は来週のお盆休みにさきがけ、最後のお稽古でしたが

お休みしますという電話と共に今日から夏休みみたいな気分となりました。

夏だというのに熱い紅茶にミルクを入れて蜂蜜をちょっと足す。という冬みたいなものが

飲みたくなり、作ってみましたが、

私以外にもそういうのが飲みたい者がいまして、、

Img_3755

ちゅうちゅうと美味しそうに

スプーン一杯飲みました^^

美味しかったんだそうです。

たまーに午後の紅茶とか

飲みたくなるんですよね~。

今年は暑いので

ショートパンツが履きたいんですが、

最近のは膝くらいまでの長さがあってダボダボしてて

おばさんが履くと妙にだらしなくていけません。

かといってすごく短いのだと年を考えろよ。。みたいな雰囲気になっちゃって

世間の皆さまに申し訳ない。

またスポーツ用のだとポリエステル系で

汗は吸ってくれるんですが、肌触りがちょっとペトっとして気持ちが良くない。

などと色々苦労しています。

と、家人が海水パンツを買ってきてくれて

これが結構良いんです。

そういえば以前もずっと男物の海水パンツを履いてたんでしたっけ。

軽くてさらっとしてて色も綺麗だし、

汗も水もシワも気にしなくて良くてやたら丈夫です。

しかし、私にはあまり意味ない中側にネットみたいな生地でもう一個パンツ状のものがついています。

普通海に入るなら必要なのかもしれませんが、

私には必要ないのでそこだけハサミで切り落として^^;

履いてます。

鍵を入れるホルダーとかもあって(これも意味ないんだけど、、)中々良いです。

夏は海水パンツに限る^^

Img_3765

 

Img_3766

Mさんのワンちゃんの

顔の部分のアップです。

うんうん、こういう顔になるよねっ。

みたいな表情で

大納得。

片耳の具合も

微妙にプルンとして

良い感じです。

こういう大きなものを咥える時はもう少し鼻の辺りが反りかえるんじゃないの。。と言いました。

今度ちょっと反りかえると思います^^

Img_3771

今日は細々と

スカート状のところを彫ることにしました。

こちらのスカートも

構造から知ると案外楽です。

構造を知らないととてつもなく大変です。

というのもそれぞれの仏像がそれぞれ違うスカートを履いてるように見えるからです。

構造から知ることが出来る本を持ってるので

それを読んでから彫ります^^

Img_3772 後ろ側はこんな風に一般的な形にしました。

これは広々としてて案外味わいが出やすい場所です。

Img_3773

スカートの裾のところで

腕から下がった細長い布と

繋がってるんですが、

これを切り離さなければ

いけませんが、

切り離すと弱くなるじゃあないですか。

だから切り離したくはないんです。

どうにかかろうじてでもくっ付いててほしいです。

ぎりぎり頑張るつもりです。

Img_3774 細長い紐たちも

線を入れます。

これは小さめの丸い刀で入れますが、

今日は切れるので気持ち良く、気前よく入れてやりましたっ。

しかし、切れると綺麗に当分に入ってしまうものなので

面白くもなんともありません。

布見たって同じシワになる布なんてないですもんねえ。。

で3種類くらいのサイズ違いの丸刀を使って多少入り組んだ形にしようと思ってますが、

あまり凝り過ぎると仏さま本人よりも衣類の方が目立ってくるので

ご本人様が中心であることを忘れないように衣類は二の次にしたいと常々思っています。


にほんブログ村

何もやる気が出ない中、読んでいただきましてありがとうございますheart04