爪磨き

昨日夜に外に出たら嫌な北風が吹いていたので

今日は寒いのかも~と思ってたらやはり寒かったのですね。

しかし明日は妙に暑いんだそうじゃないですか。

体がついていけない。。とか思いながらもしっかりついて行ってますね^^。慣れかいね。

Img_2582

生徒さんが

こういうものをプレゼント

してくれたのです^^

爪を磨くものなんですって。

少しは爪を綺麗にしたら~って

ことでしょうか^^;へへ。

ネコの部分がなんとなく200番くらいの荒さで裏側が400番くらいで立ちあがりの所、頭の方が1000番くらいで

体の方が10000番みたいな感じです(テキトーです^^;)

爪なんて光ってなくても良いのですが、

爪を磨くと減るじゃないですか?

昔サンドペーパーを指に絡めて使ってた時に爪が減っちゃって

ひどく痛い思いをしたことがあるので爪が減るのは好きじゃないです。

爪の厚さってのは人によって違うのかなあ。。。

姪はネイルサロンで磨いて貰ったら水が滲みて痛かった。。と言ってました。

私もそう思います。

私は歯も磨くとすぐに表面が滲みるようになります。

だから電動歯ブラシなどはとんでもないです。

研磨剤が入った歯磨きも使えません。

ただカルシウムが足りない家なのかもしれません。

というわけでこのネコちゃんを仕事に使えるんじゃないか。。と思い始めています。

仏さまの顔を磨いてみようか、、などと考え中です^^;

ゴメンね、爪磨きで磨いちゃって。。と言わないといけないです。

先日急遽急ぎの仏ちゃんを作らないといけないことになったので

今日は彫ります。

Img_2583 Img_2584

大切な息子さんが亡くなったと

いうことで身代わりに

納骨までにお宅にお納めする予定です。

頑張ってお母様をお慰めしてほしいと思っています。

Img_2585 ここのところ作ってる同じ形ですが、

台座が要らないということで

座った仏さまだけにします。

小さなひ弱な仏さまは台座によって

守られてるところがありまして、

両手で持ってる蕾のハスも本当に細いので折れやすいと思うのですが、

台座が囲ってることによって物が触れないでいられるという作りになっています。

花が折れてもすぐに直せるのですけど、

頭を取らないと花が入れられないという難点がありますので

ひょいと簡単に直してもらえないわけです。

(勿論うちでは簡単に直しますが。。。)

Img_2586 Img_2587

頭と胴体が妙にバランスが悪い割合になってるところが

ミソであります。

頭の方が大きいんです。

台座に座ってる場合は不安定な体を台座に留めちゃってるので

倒れないということがあるので

こちらは少しお尻を大きくして安定させます。

Img_2588 Img_2589

材料の時に良いバランスと

思っても

彫っていくと

身長がまだ高い。。ということに

なることが多いので

年中頭を乗せてバランスを見ます。

Img_2590

 

Img_2591

手に持つ花を

なるべく体に寄せた方が

折れる確率は低くなるので

そうやってみることにしました。

手の平を体に近づけるように彫ります。

Img_2592 脇のところにドリルで穴をあけます。

ここのところが一番面倒かな^^;

Img_2593

ダイヤのヤスリで

ゴリゴリモゴモゴと

削ります。

というところで時間切れです^^

クリスマスツリーも頑張ります。

少しづつですが、削っております。三角形なので持ちにくい~^^;

Img_2594


にほんブログ村