生徒さん作品ご紹介、飯椀

ああ、この時期になりますと、手の親指にアカギレってのができまして、

痛ェ~~のなんのって。。。

パックリと口をあいてしまった指先に水は滲みるし、ぶつかると飛び上がるほど痛いし、、、、

アカギレの中に漆を入れるとすごく速く治るんですよ^^次の日にはくっついてますがな。

けど、勇気がいります。

確実にクレバスの奥深くまで入れないと中途パンパなくっつき方になります。

想像しただけでも怖いっすよね^^;

今日の生徒さんは漆を初めて触って早速かぶれてました。

けど、かぶれ方が触れてない部分に飛び飛びに水泡になってるので

これはなんとなく嫌な予感がするので

暫くは漆を触らないことにしましたっ。

以後、私が引き受けることになりました(↓)

漆のかぶれ方の基本は

腕の内側が赤くなって痒い。。ってのが良いように思います。

最初から水泡だとややあぶにゃい。(と思ってるんですけどね~~)

我が家は床にゴミが多くて朝晩と2回掃除機をかけるのですが、

それでもほとんど掃除してないくらい汚ったないです。

一番は私が木屑を落とすことですが、

二番はルルちゃんです。

ルルちゃんはほぼヒマワリを主食としてますが、

まずはヒマワリの殻を落とし、その次に中の薄皮を粉々にして落とし、

更に肝心の実の部分もはたして口に入ったのか?と思うほどバラバラにして落とします。

その次には飛び立ちますのでこれらが全部宙に舞うのであります。

それを私が手で集めて捨てているのですが、

それを見た家人が、自動掃除機を買いましょうよ。と言うんです。

ゥーーーむ。。。。

どうなんだろう。。

自動掃除機って5万円以上10万円未満でしょう~。もったいな~~~。

と考えた結果、

案外箒が良いんじゃないかと思って

即、箒を買ってしまった私です^^;セコッ。

Img_1640

中々面白い箒を見つけましたん。

ステッキみたいな柄が付いてるので引っかけられるんです^^

普通の箒とシュロの箒とどっちが使いやすいのか分からなかったので両方買ってみて

使い比べることにしましたっ。

箒を使えばチリトリも要ると思って竹に紙を貼ってカキ渋で塗ってあるという

しぶ~~いチリトリ小も3つほど買いました。

穴あけサービス100円もお願いして紐も付けてもらいましたよん^^

なのに。。。。

使ってみると、このチリトリは底が丸いのでゴミが入らん^^;

早速使った生徒さんもこりゃゴミが入らない。。と言ってあっという間に放棄してしまいました~。

がっくし。。

どうにか底を平にしないと。。。三つも買ったんだし。

というわけで暫くは腰に箒をぶる下げて歩く予定でっす^^

ゴミを見つけたらすぐに箒。。。です。

美しくなるぞ~~^^

生徒さん作品ご紹介、Sさん作、飯椀。

Img_1619

これは中々面白い形のご飯茶碗とは言わない、飯椀ですかね。

なんとなく細身に見えて、中もお上品サイズです^^

外側は黒の漆で塗って、三つの丸が二組彫ってありまして、(計6ヶ)

そこは赤い漆を塗ってあります。

こういうデザインはお椀にはよくあるんですけど

丸の部分を彫ってあるのは珍しいですよ。

やはり描いただけのと違って豪華です。

とりあえず、ご自分でお使いになって漆の減り具合だとか使い勝手を

研究されるそうです。

木のお椀でご飯を食べるのって案外美味しいんです。

けど、汁物用のお椀だといけませんや。

やはりご飯用のお椀にしないと。。。

ということで明らかに汁物のお椀じゃないな。。ってところがおしゃれだしょ~。

スイーツにも良いような気がしましたっ。(スイーツと言ってもお汁粉のことだよ^^)

自分で使う、飯、汁椀とお箸、スプーン、皿くらい自分で作りたいっすね^^

今日の仕事っす。

Img_1635

段々細かくなります。

着物に段をつけて数枚着てます。。って形にします。

Img_1636

後ろ側の袖なども

整えて

頭を乗せてみます。

髪の毛を一束にするところを

作ります。(髪の毛多すぎか。。)

Img_1637

男の襟も作ります。

これはどうやら大きな顔が乗っかるので見えなくなりそうですが^^;

Img_1638 Img_1639

裏側も彫ります。

軽く真ん中が地面にすらない程度に

彫ります。

裏側だけが木を感じられる部分なので

そういう雰囲気を出すように彫りまする。

仕上がったら真ん中に焼印押します^^

明日は、部品を作ってお終いかな。


にほんブログ村