カメ吉完成~。

数日前に女優の南田洋子が認知症になって

夫の長門裕之が介護してるって番組があったので

つい見てしまいました。

あーーー、綺麗な人だったですが、

普通のおばあさんになっていました。

家での会話も普通です^^;

どこの家も同じなんだな~と思わせるような雰囲気で

認知症になった南田洋子さんも普通の認知症の様子でした。

まだひどく重症ではないようでしたが、

なにやら子供のようで可愛いです。

けど子供と違うのは適当に上手いこと相槌などを打てるところです。

妙に外れてることもあれば、適格なことも言ったりして

そういうやりとりが中々楽しい。

認知症の人が家族にいると楽しいとは思えない状況になると思えるんですが、

目線をその人の考えまで持って行くとそれはそれなりに筋が通っていて

自分に忠実なんだな~ということが解ってきます。

別に無理難題を言ってるわけではない。

南田さんも夫の苦労を散々させられてきたので

ここらで一発仕返しを。。。と思ってるかどうかしりませんが^^;

まったくそういう風に見えてきます。

彼女の面倒を看ることは恩返しみたいなもので

世の中案外良く出来たもんだ。。。と感心してしまいました^^

アイヌではボケることを神様語が話せるようになる。。とかなんとか言うそうで

俗人には解らないようになることは神様に近くなる。。ってことらしいす。

ものは考えようでそう思うとボケたことも何やら一歩先に行ったようにも思えてきて

尊敬できたりして^^。。。

ま、今までの記憶が少しづつ消えていくのは寂しいことなんだけど

死んでしまえば皆無になるわけだから

少しづつ消えていくのも少しづつ増えていくのと同じこととして

良い形かな。。なんて思ったりするのですが。。。

Img_3866

特大カメ吉どんが出来ました^^

早速送ったのですが、

感想はというと、軽い^^;とのことでした。。

ありゃ。

軽いのは木が良いせいなんですよ~~~と言っても虚し。

すごく良い木とすごく悪い木は軽いんだよな~~。

その区別がつかない^^;

カメを持ち上げた時にどっしりくる重さであって欲しい。。という気持ちであることは

よくわかります。

私もそう思います。

が、拍子ぬけするほど軽いというのはある意味ガッカリでしょうね。

とは言えどうしようもないことなんですがーー。

それでも良い色合いで品よくできたような気がします。

本物の陸ガメのこのサイズだと100万円は越しますが、

この彫りものだとお安いわね~~^^。

ま、ちょっと抱っこして寝たくなるようなカメ吉なんです。