CD

雨が降りますねー。

この間、要らなくなった猫のトイレを

わざわざ洗って、綺麗な部分だけプラスチックのゴミに出したら

残された^^;

なんでやーーー、プラスチックじゃ~~ん。。

と思ったけど、まあ引き上げてきました。

プラスチックのゴミは食品などが入ってるプラスチック容器やビニール類なんですよね。

一昨日妹と近所を歩いてたら我が町内のゴミ集積所に

なんと総入れ歯がゴミから脱落してるんですわ。

これにはゲンナリしました。

ゲンナリ感を分かち合おうと妹に教えてやったら

妹はそんなのを一々人に見せるな。気持ち悪い。。!と言ったんです。

私は少しでも自分の不快感を分け合おうと思っただけなのにィ~。

ゴミからそういうものが転げ落ちるようじゃ、

やはり町内も年を取ったんだなーーと思わざるを得ないです。

今日も近所のご主人が夕方ゴミをがさごそさせてるので

どうしたのかな?と思ったら

プラスチックのゴミの日と間違えたので置いて行かれた^^;と言ってました。

ゴミの日ってのは年を取ると解りづらくなるんですよね。

今日が何日だったか、

今日は何のゴミの日だったか。。。

というのが良く解らないんです。

だからしょっちゅう違うゴミが置いてあって

それを残されてしまってるんだなあ~~。

別れ際に水枕は何のゴミ?と聞くので

中身がグニャグニャが入ってるやつ?と聞いたらそうだというので

生ゴミですよ。。と教えてさしあげたす。

生ゴミではないんですけど、

燃えるゴミと燃えないゴミは横浜市では同じ日で

どんなゴミも燃せる焼却炉を持ってるから燃えなくても燃えるゴミなんですよ。

プラスチックじゃないから生ゴミなんだわよ。

むっつかしーーべーーーー。

私が独りで仕事してる時にはCDを聞いてることが多いのですけど、

Img_2388

最近はこの人のCDを聞いてるんです。

アンドレアボッチェリ。。

イタリア人の盲目の歌手でとても声が良いんです~。

声も音域も広いんだけど嫌味がなくて疲れない。

私はいつからか、歌のCDを聞くようになって

それはなぜかと言うと一緒にハモるんですな。

私の場合、仕事をしてるので歌詞だとか曲名だとかにはまったく興味もなく

ただヅラヅラと仕事がはかどるように聞くだけなので

そのままCDを入れっぱなしにしてず~~っと聞くんです。

だから耳タコくらい聞いてもなんていう曲なのかも知らない。

しかし耳の方はばっちり覚えています。

この人と私は音域が似てるんす(うっそこけ~~^^;)

私は楽器がよろしくないので

せめて歌でも。。。。と密やかに思っていたのですけど

そういう機会もなく過ぎてきましたが、

5年ほど前に一回デュエットをする機会がありまして

歌の巧い人に熱心にレッスンをしてもらったんです。

声には相性ってのがあってその人と私は相性が良かったそうで

ハモると綺麗なんですよ。

私はかなりの音域が出せるんですけど

どちらかというと高音の方は鈴のような綺麗な声は出ないんす。

なんというか宝塚の男役の声に良く似ています。

当然アルトになるわけで

アルトの歌となるとお経のような感じなんすわ。。。。。。

だから一人で歌ってるとどうにも歌のようには聞こえず、

やはり綺麗なソプラノの人にひっついてないと歌にはならないんですね。。

その感動が忘れられず、、、

その後CDを買っては誰にも聞かれないことを良いことに

一緒に歌ってるわけなんです。

ま、もう声は出ません。ひどいものですけど、一緒に歌えて嬉しいです。

このCDの中には何人かの女の人とデュエットがあって

これがまた美しい~~んです。

が、その中にサラ・ブライトマンって人とデュエットしてるタイム・トゥ・セイ・グッバイ

という有名な曲があるんですが、

これは何回聞いててもあまり良くない。(と私は思う、、、)

なんというか、意気があってないというのかなあ、、、

そりゃ巧いんだけど急がしし過ぎて合わせる時間がなかったというか(そこまで読むな^^;)

それぞれが自分を出して相手のことを思ってないというかなあ~

以前からそう思っていたのですけど

今回他にデュエットが何曲かあるので

他のを聞いてみると素晴らしく良い。

ああ、デュエットとはこういうものか。。と思うほど美しい。

だから有名だから良いとは限りませんね。

有名先行型ってのかな。

ま、そんなことを考えながら聞いてるんですけど

そのうち素晴らしい声の人にレッスンを受けて

一発感動的なデュエットを歌ってみたいものだ。。。ということを

人知れずこっそりと思ってる私なんすけどね。。。。。。