木彫機なるもの

先日封書で木彫機なるもののパンフレットが送られてきた。

Img_2244

電動の彫刻刀ってことなのだ。

ちょっと興味を持って見た。

生徒さんの中にも数人これを使ってる人がいて

結構便利だという話だった。

もちろんこれで作品を全部完成させる訳ではなくて

粗彫りの時に使うのだ。

力仕事が半減ってことね。

私も寄る年波で力仕事がのろくなった。

というか、力はまだあるのだけどどうも胸から肩にかけての筋肉が痛くなってしょうがない。

こういう時はこれは便利かも^^

昨日これを使ってるという生徒さんに聞いたところ

このオートマック社というのは木彫機の中では一番良い会社で

刀も数が多いという~。

値段も幅があるとは思うけど

1万円台のものから7万円くらいまで紹介されている。

以前に一度、簡単なものを貰ったことがあって使ってみたのだけど

それは持ち手のところにモーターが入ってるもので

結構重くて使い辛いと思った。

けど、

モーターが別になっていて、そこから配線されて刃になってる形なら

重くはないと思う。(こちらが断然お高い^^;)

そろそろ考えようかな~~~。(やや弱気^^;)

こういうものは、こういうものを使って彫ったんだな^^と思わせるようじゃいけない。

ということは仕上げまでこれに頼ってはいけない。

要するに

腕がないと使いこなせないということで

道具があるからと言って巧く彫れるってことではない^^;

刃ものもそうだけど

悪いより良いものの方が良いし、

切れないものよりは切れる方が良いのだけど

だからといって巧く出来るわけではない。

しかし、汚いよりは少しマシにはなる^^;

問題はやはり腕で、切れなかろうが、道具を持ってなかろうが

巧い人は巧い。

どんなに道具を持っていても下手な人は下手なんだわあ~。

そこが辛いところだけんど

まあ、いろいろやってみるのも楽しいし、

少し楽になるならそれも良いじゃんねえ。。。

などと思って検討してみようかと思う。

多分簡単には買わないような気がするが。。。。^^;