アブ

鎌倉へ行った時に

路上に不思議な虫を発見したので早速写真を撮ってみた。

Img_0929

でっか!毛むくじゃら。怖そう~。ハチにも似てる獰猛な感じ。。。

死んだ蝉に抱きついてるように見えるアブ状の虫。

ただ抱きついてるなら微笑ましいけど

そんなことをするわけはないだろうから

吸血?

蝉だから血がないかーーー、、などと考え考え歩いてきた。

帰ってきてからネットでアブについて調べてみたけど

このアブがなんという名前なのかにたどり着くまでにかなりの時間を労してしまった^^;

そこでとうとう見つけ出した名前はシオヤアブ。

昆虫を捕まえて体液を吸うんだそうだ。

なるほど~~。

自分よりもずっと大きな蝉だとかトンボだとかも攻撃するらしい。

ギンヤンマなんかも捕まえると書いてあった。

すげ~~。

全身毛むくじゃらで体長は3cmくらいはあった。

あまり近くで写真を撮って、急にこちらに向かって攻撃してきたら怖いなと思った。

我が家のほうでは見たことがない。

さすが鎌倉^^。

自然界は厳しいのぉ~~。

小さな昆虫の世界もじっと見ていると毎日死闘の繰り返しだ。

ちょっと裏返しになったらもうアリの攻撃を受けたりしている。

ま、このアブに関しては

やや死にそうな蝉を腹のほうから抱きついてるので楽だったと思うが

他で見た写真は皆背中から首筋にズボッと管を刺して体液を吸ってるようであった。

ちなみにこのでっかさでも

牛アブと違って人を刺すようなことはないみたいだった。

こんなんに刺されたら入院騒ぎになってしまう~。

アッブねーーー、、、などと^^;

いやはや見たことないものを見て感激感激^^。