来年の手帳

今年はまだ来年の手帳を買ってない。

いつもは10月になるとすぐに買うのにィ~。

私はいつも能率手帳

http://bt.jmam.co.jp/shop/ProductDetail.do;jsessionid=7C8AA3469C585F575609119DA7742DF0?pid=2007-1111

てのを買ってる。

もうこれは30年くらい買い続けている。

最初の頃は500円くらいだったかなあ~。

今は900円ちょっとになったのよね。

最初のきっかけは、

当時勤めていたところの社長から

返したはずの本を返せと言われたことからだった。

返した覚えはあるのだけど何日に返したと言えなかったので

手帳を付けよう。。と思い立ったのだった。

この手帳は結構すぐに売れてしまうので

早めに買わないと売り切れてる場合が多い。

サイズをあわせたいとか赤いのが欲しいとか思うとかなり急いで買うのだ。

今年は探さないともうないかもしれない。

こうやって、手帳は30冊、

二冊目の10年日記も書いてるので段々増えてきた。

が、

案外振り返って読むことがないのだ。

沢村貞子の昔の文章に、

ノートで作った日記に

献立などを書いて、去年の今頃は何を食べたかな。。。などと

見返して今晩のおかずを考える。。

なんて文章があったけど、

そういうのも踏まえて書いてるつもりなのに何の役にも立ってない。

昼ごはん 麺、夕ご飯、鍋。

としか書いてないもん。。

特別吟味して料理してるわけでもないので

書くほどのことがないわけだ。

ついでに私は過去の文章を見て懐かしいとか、楽しく見るってことがないことが

解った。

過去は振り返りたくないし、思い出したくもないのだ。

汚い字で書いてるところが敗因かもしれない。

後で読んでもらう(自分でも)には綺麗に書かねばいけない。

要するに、読めないんだな~~、汚くて。

そんなわけで、とうとう束にして手帳は捨ててしまったョ。

ついでに前の10年日記も捨てちゃった。

な~~んだ、、、それなら書かなければ良いじゃん。。というほど

意味ないものだった^^;

父が亡くなった時に沢山の写真が出てきて閉口した。

じいさんの寄り合いの写真なんて見ても面白くもおかしくもない。

その場でほとんど99.8%くらい捨ててしまった。純度が高いなあ~。

写真とか日記とか、そういうものって本人の楽しみ以外ないのよねー。

そういえば、母もこの間の引越しの時にものすごい量の日記があったなあ~。

生きてる手前、捨てちゃうのは悪いと思って束ねたけど

その数と言ったら、、、、、、ゲンナリ。。。

よく文通をした手紙を大事に取って置く人もいる。

さすが、大正時代とか昭和初期のものだと興味深いものがあって楽しい。

古いといってもそこそこ20年とかだと何の意味もないんだわあ、、、

やはり50年以上経たないといけないのだ。

50年経つには20年を経ないと無理だわね。。。

大切にしてた美術本も今回姪が売りに行ってくれたのだけど

あんなに重くて、、沢山あったのに380円の売り上げになっただけだった!

帰りにラーメンに化けてしまったそうな。

あちょ~~~~。

私は何も残さないぞ。

飛ぶ鳥跡を濁さず。だ。

といっても、急に手帳をやめるってのも寂しいので

とりあえずは、買いに走らないといけない。

Img_0194

散歩の途中で可愛いレモンがなっていた。。