ホーム>工房日誌>アート・文化>秋柄の着物
アート・文化

秋柄の着物

今朝は涼しくて

久しぶりの幸せ感~~でした^^

2017727181338.jpg目描き二日目。

大分描いて、後は調整します。

2017727181442.jpg着物の色の明るさが弱いというか、

赤っぽい可愛~~い雰囲気が良いということで

どこを直すか、、色々やり取りしまして、

モミジをオレンジ色(正しくは樺色)にしました。

大分明るくなりました。

 

2017727181726.jpg着物の具合で扇を決めようと思ってたのですが、

そろそろ良いかな、、と思いまして

おばあちゃまが作ってくれたという着物の中から

赤い松の鹿の子絞りを描いてみることにしました。

201772718190.jpg結構ふんわりしてて良いのです^^

2017727181939.jpg雪洞。

201772718208.jpgピンクのふわふわ~~を入れまして

2017727182047.jpg違うピンクの花びらを散らして

墨で桟を描きましたっ。

2017727182135.jpgお稽古は

Kさんお一人でした。

几帳面な感じのフクロウ^^

すごく綺麗です。

クチバシ気にしなくても良かったんですが、

大事に取ってあるみたい^^;

 

2017727182246.jpg台の手前の畳のヘリの柄入れ。

2017727182328.jpg目がちかれてチラチラするので

続きは明日~^^;

 

201772718266.jpg花があまり咲いてない時期になってきました^^;

となりんちの朝顔なのだ。

 

大の字ですね。

 

ありがとうございます。

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

コメントする