ホーム>工房日誌>アート・文化>仏ちゃん彩色
アート・文化

仏ちゃん彩色

2017519162940.jpg下地を終えた青白い仏ちゃん^^;

2017519163028.jpgかりんとう饅頭みたいになった漆。

もうやめておこう~^^

201751916319.jpg衣から塗りました。

2017519163143.jpg古色を付け始めました。

2017519163335.jpgハスの花の色も入れて

線を描いてみました^^

2017519163420.jpgとりあえず線を入れたところで時間切れ~^^;

201751916351.jpgだいぶ、らしくなってきました。

2017519163543.jpg彫刻刀袋、一個あります!

必要な方はおっしゃってください。1500円代です。

2017519163646.jpgうふふ、、枇杷だにゃ~~^^

鳥に食べられちゃうと思うけど

こういうのって美味しいんですよね。

2017519163747.jpg昨日の朝刊に

ドルチェ&ガッバーナというデザイナーのショーのことが出てました。

姪が周りの装飾の花を手伝いしてて

5日連続徹夜みたいな仕事で大変だったといってましたが

その記事の中で

良いことが書いてありました。

 

作品についての話で

作品には個性と哲学が入ってる。。

というところです。

 

これ、すごく大事なことだと思いました。

日本人はともすると技術ばかりに走りやすいけど

個性と哲学が大事で

逆に技術はその次でも良いくらいだと私は思います。

特に哲学は大事だと思う。

哲学は生き方でもあるわけで

作品はそのひな形。

どんなものであっても

自分がキチンと表現できてるということが大事だと思いました。

 

外回りの皮だけ見てる人は、中身もね^^;

 

その次に良かったのは

デザイナーの個性よりもマーケティングに特化し過ぎてる。。。というところで

お金じゃなくて愛だ。という原点に戻ったらスッキリした。

できれば人生最後の日まで仕事をしていたい。(G)

 

死んだ時に

あの人は富豪とはいえなかったけど、

いつも笑って(仕事を)楽しんでいた、、と言われたいね。。(D)

 

 

 

2017519164910.jpgありがとうございます。

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

コメントする