ホーム>工房日誌>アート・文化>食べるって
アート・文化

食べるって

しっかり雨 です。

 

出かけられるかな?と思ったけど

段々強くなってきました^^;

2017513111517.jpgで、拭き掃除^^

動物がいて汚いので隅々まで拭き掃除^^

何が転がってるか分からない(ヒェ~~^^;)

 

その後、トラちゃんの爪と毛のカット。

ご本人はしこたま蹴りを入れて逃げていきました。

大きなダマ2個ゲット^^

めでたい^^;

 

 

食べることを書こうと思っていて

チャンスが無かったので本日はそれを書きます。

 

私はサラリーマンの家庭で育ったので

変な言い方かもしれないけど

特別食べ物を気にすることもなく、好きなものを食べてたような気がします。

しかし、弟子入りしてからの師匠さんたちは

ものすご~く食べ物に気をつけてました。

 

そういう世界を知らなかったので

やや目が点になるような感じでした。

そんなに気を使うの??って。

 

もう40年も前ですけど

油や肉は摂ってなかったし、加工品は食べてなかったです。

次の師匠さんも同じでした。

 

というのは

こういう仕事は倒れた日から収入が無くなる、、、というのと

やはり体一つでやってるという緊張感からくるんじゃないかと思います。

 

だから、健康ブーム前から

こういう仕事をしてる人たちは皆そんな具合でした。

 

 

私の食べ物の拘りが

そこまでしなくてもね!って思われてることも多々あるんですが、

具合が悪くなっても責任取ってくれるわけじゃないですから

自分は自分の思った通りにやっていくしかない。

 

最近、生き物は食で出来てる。。ってつくづく思います。

そして、宣伝も上手くなってるので騙されやすい。

生きにくい時代です。

 

長生きしたいなどとは思わないんですが、

病気は苦しいです。

私はずっと子供の頃から肩こりがひどくて、頭痛とか眩暈とか吐き気とか、、

色々な症状が強かったので

とにかく元気になりたい。。と思って

あれはダメ、と言われれば止めて

これは良いと言われればやって、、、を繰り返してきました。

 

今は前よりはマシですが

それほど良い具合になってるわけじゃない

それでも日々やっていかなくちゃならない。

 

受けた仕事はやり遂げる。。ということだけ考えてやってます。

それ以上考えると負担で潰されそうになります。

毎日コツコツ、、、しか出来ません。

 

アマの方の場合は楽しんでいただければ良いのですが、

楽しむでも体の具合が悪ければ楽しめません。

プロの場合は生活がかかってるので

更に真剣にならざるを得ません。

 

ずっと同じ仕事をするってことは

自分だけの問題じゃなく

家族や環境からの影響も受けるので大変なことです。

長く楽しんでもらうには

やはり自分も含めてご家族の健康が大事だと思います。

 

色々な本が出たりしてるので

私はどうしてる、、とは書かないですが、

惑わされない為には多少勉強は必要かと思います。

 

風邪一つひいても

もう仕事は集中できなくなり

鼻が出ても咳をしても能率は落ちます。

 

小さなことの積み重ねだけど

精神と食べ物と、、、

大事に考えないといけない。。

と思ってます。

 

 

2017513114219.jpg雨の日に咲いて誰からも見られない我が家のバラ^^;

 

 

ありがとうございます。

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

コメントする