ホーム>工房日誌>アート・文化>雛人形彫り上がり
アート・文化

雛人形彫り上がり

201662017376.jpg2016620173928.jpg今日は細々としたところを彫りました。

襟とか^^

2016620174012.jpg扇はいつも大きくて

襟がほとんど見えなくなっちゃうので

少し小さくしました。

2016620174056.jpg先に接着しておくところは接着してから彫りまする。

後で接着した方が良い部分はそのままにして塗ります。

2016620174155.jpg先に接着した部分^^

2016620174226.jpgこれも接着しないとすぐに失くなる^^;

2016620174325.jpgで、完成っと^^

2016620174355.jpg時間がちと余ったので次のお地蔵さまの材料切りました。クスノキです。

2016620174430.jpg更に時間があったので焼印押して漆を塗りました。

漆は梅雨時なのでこのまま放置してもすぐに乾くと思われる~^^。

2016620174532.jpg昨日消火器の説明と販売を町内会でやったので久しぶりに一本買いました^^

説明は良かったです。

2016620174644.jpg中の薬剤の期限が10年なんですが、

今までの10年は我が家には消火器ありませんでした。

なんでかというと

その前の10年、期限が切れた消火器があって邪魔だったし、切れてるので使えなかったし、

どこで薬剤を替えてくれるか分からなかったから、

要らないなと思ったんです。

2016620174836.jpgどちら様も同じ考えのようで

町内で一括して10年に一度、廃棄と購入をすることになったみたい。

廃棄と購入のセットで5500円くらいでした。

私は購入だけなので4950円でした。

他にスプレーもありました。便利かも。

 

使い方は各社共通になったそうで

黄色い栓を取って

ホースを持って

ハンドルを握る。。

という形なんですが、

 

これだとホースを取る時に案外ハンドルを握っちゃう人が多いそうで

ホースを取った後に黄色い栓を取った方が良い!とのことでした。

あれ~~~~~

それはマズいっしょ、、、

共通のやり方にして欲しいわあ。。。

ホースが定まってない状態で中身が噴射されたらパニックだそうです。。

 

他に

 

自分の後ろに出口を確保してから噴射しないと

噴射された霧でまったく見えなくなるので

出口は分からなくなるそうです!

それは大切だ。

 

また、

自分の家の火事だけじゃなく

よそのお宅の火事の時にも

これがあると手伝いに行ける。。ってことも大事なんだって。

なるほど~~~。

 

という3点でしたヮ。

 

以前は軽くたき火をして消火の練習をしたんですが

今は禁止されてるそうで

練習用に3人まで使える水が出る消火器で練習しました。

水かかったがな。。。。

結構飛びます。

ちゃんとホースを持たないからあらぬところまで飛ぶのだ!

 

先の10年、使う機会が無いことを祈って。。。

って生きてるかな^^;

 

 

2016620175650.jpg

 

ありがとうございます。

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

コメントする