ホーム>工房日誌>アート・文化>暑いくらいの
アート・文化

暑いくらいの

今日は暑いくらいの日でした。

日傘をさしてる人が多かったです。

201642617467.jpgちょっとまだジーさんっぽいライオンですが、

少し頬がこけたのでブルドックからライオンに変わりました^^;

手が可愛い。

手があるデザインは良いかもしれません。

爪も彫ります。

ライオンは常時爪が出てるみたいでした。

いざという時はもっと出るんでしょうけど

ネコのように引っ込んではいないようでした。

2016426174930.jpg午後は体を彫り始めました。

タテガミは一応考えてる案はあるんですが、

それが似合うかどうかもう少し保留にして

そのうち考えようかと思ってます。

ので浮輪みたいな状態でそのままにします。

 

ライオンは顔に比べて体は貧弱で

腰の辺りも細いですから

細々と彫ろうかと思います。

一応座り心地も考えて骨っぽくしないようにと思ってます。

 

って今日の仕事の写真はこれだけ^^

2016426175231.jpgタンポポの穂。

これは可愛いです。

この穂が可愛いからと絵に描いたり彫ったりしてるのを見ても

まず本物の良さは出てません。

こういう彫り物は避けて通りたいです^^;

2016426175357.jpg千鳥草。

色がとても綺麗。

風が吹くと倒れちゃうのが残念です。

まだ倒れてない、元気いっぱい。

2016426175635.jpg花は野にあるように、、、、

なんて利休の言葉にありますが、

野に咲くような感じに

ベランダを作ろうと思って

あちゃこちゃ好きなものを適当に植えてますが

(上の写真は道端です。)

中々上手くいきません。

自然に咲き乱れるような雰囲気にしたいけど

すごく狭いのに難しい。

毎日植え込み見てうーーん、、、と考えちゃってます。

 

幼稚園の動物の彫り物は

ライオンで材木の半分は終わります。

後半分4個分あります。

何を作るんだろう?

サイズを気にしなければ

ワニとかキリンとかサイとか、、

そんなものが作りたいです^^

一応犬猫は除外されてるんだそうです。

ウサギは子供たちが好きそうだけど

大きな材料で彫るには勿体ないかな。。とちょっと思います。

 

材料のサイズ的には

ゾウガメとかテントウムシ(?)というサイズです。

縦横の割には高さがあるということです。

 

高さがあるものを減らして彫るのはもったいないので

私としてはそういうことはしません。

とにかくそのサイズにキッチリ入るものを作ります。

大は小を兼ねると言いますが、

せっかく大きな木を小さくするのはすごくもったいないし

申し訳ない気がします。

 

この前、街路樹はなぜあるか、、ってのをやっていて

若い人が葉も落ちるし、(植えること自体)意味わからね~。と

言ってましたが、

木があるから人も生きれるんだと言っても過言じゃないです。

そういうことを知らないというか教えないのも

大きな問題だと思います。

 

木が酸素出してくれないと動物(人間も)は生きれないんだよ!!

って言いたいです。

 

木は大切に使おう^^

 

ありがとうございます。

 

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

コメントする