ホーム>工房日誌>アート・文化>浄智寺、
アート・文化

浄智寺、

今日は雨と決まってたので^^;

 

午前中は大掃除もどきをしました。

換気扇を掃除したのでした。

換気扇は普通最後にするのですが、

最初にしちゃうともう終わった気分になるので良いです^^

s-DSCN7343.jpg換気扇の上には何年か前のお供え餅についてた招き猫が軽く飾ってあります。

それも拭いてあげましたっ^^

 

午後になってから

晴れるのかな?という明るさでしたが、

カッパ着て歩いて北鎌倉へ行きました。

今日は浄智寺の近辺にあるという

小津安二郎監督の家を探しに行ったのでした。

s-DSCN7347.jpg

これはいつも通る大船の常楽寺。

s-DSCN7350.jpg浄智寺の一番街道に近いところ。。

普段浄智寺にはあまり行きません。

派手さがないのでイマイチ~~という感じです。

しかし、今日は軽く靄というのか霧というのかがかかっていて

静かな上に誰もいないし、

なぜか紅葉も残っていて素晴らしかったです。

 

軽く一時間くらいなのに京都の奥まで旅行に行ったみたいな幸せ度でした。

s-DSCN7351.jpgふといケヤキの幹。

かなり面白い柄になってます。

s-DSCN7352.jpgまだ紅葉~。

s-DSCN7353.jpg浄智寺。

この辺りからが一番良くて、中はさほどではないような気が(いつもお金払ってから)する~^^;

s-DSCN7355.jpg浄智寺の奥は行き止まりです。

ハイキングコースに入っちゃいます。

奥の方も浄智寺の敷地だそうですが、シブいお宅が多くて素敵です。

 

 

s-DSCN7354.jpg 

 

こちらが目的の日本画家の小倉遊亀さんのお宅の門。

小津安二郎さんのお宅はその隣なんだそうです。(門は一緒みたい、、)

s-DSCN7360.jpg門の奥はこんな風なトンネルになっていて、、

その奥に二軒あるんだそうです。

住んでる人がいるので行かれない雰囲気でした。

 

前に小倉遊亀氏の話の中に、このトンネルを職人さんに掘ってもらって、、というくだりがあったような気がします。

 

鎌倉はやたら簡単にトンネルを掘って家に入るお宅が多いです。

案外掘りやすい土なのかもしれない。

そして、こんな先には何があるんだろう・・・?的なんですが、

実は日当たりの良い広い土地が広がってたりするのでビックリいたします。

s-DSCN7356.jpg

こんなお宅も素敵です。

 

住んでるのかそうでもないのか、ビミョーな感じではありますが、

良いのです。

s-DSCN7358.jpg更に奥まったところに(と言ってもすぐですが。)

フェイスブックに載ってる手工芸のお仲間の会みたいのがあるようでした。

 

歩いていたらご近所の庭からコジュケイが10羽くらい

私にビックリして大きな音を立てて逃げ去りましたが、

その音の方がビックリでした。。

s-DSCN7359.jpg

 

竹も、竹であれば良いってもんじゃないな、、と久しぶりに思いました。

 

深呼吸してしまうような空間でしたが、

家から1時間も歩かない距離なので、なんとなく不思議です。

 

帰りは雨があがるかと思ってたら、かえって降ってきて

とても寒かったです。

 

s-DSCN7362.jpgうちのごちゃごちゃの中に

動物も4匹よってるのでソファの上に立って写真撮ってみました。

ミロちゃんは机の下に背中だけ見えてる^^;

 

最近みんなが少しづつ寄ってても大丈夫になってきていて

そのうちピッタリとくっつく図を想像して楽しみにしています。

時間かかるのだ^^;

 

雨でも大掃除も出来たし、歩きもしたし、良い所も見れたので満足^^でした。

 

ありがとうございます。

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kibori.biz/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2723

コメントする